Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ジャスティン・ウェルビー、英国の亡命政策の「残酷さ」と「有害なレトリック」を非難 | ジャスティン・ウェルビー

カンタベリー大司教は、政府の亡命政策が残忍であると非難し、密輸は 19 世紀の奴隷貿易と同じくらい危険であると述べた。

金曜日に上院で討論を開始し、内務大臣を叱責し、 スエラ・ブレイバーマンジャスティン・ウェルビー氏は、英国に到着する人々が「侵略者」であるという「有害なレトリック」はやめなければならない.

彼は、政治家と一般大衆は、「私たちに助けを求める人は誰でも嘘つき、侵入者、または完全な人間以下として扱われるべきであるという明白な物語」を拒否しなければならず、亡命政策は思いやりと認識の倫理的価値に基づくべきであると述べた.人間。 尊厳。 敵対的な環境は不道徳な環境です。

移民に関する公的および政治的な議論の多くは、恐怖に駆り立てられてきた、とウェルビーは述べた。 これらの懸念のいくつかは理解できます。 多くの人々は、地元のコミュニティやサービスが圧倒される危険にさらされていることを懸念しています。」

しかし、彼は次のように続けた。 [and as] 侵略者は立ち向かい、抑止しなければなりません。私たちは人間の基本的な価値と尊厳を否定します。」

ウェルビー氏は最近、英国の亡命制度に 14 年間滞在していた人物に会ったと語った:「移民がここに来ると、私たちの制度は人的にも経済的にも非常に無駄です。管理は冷酷になりました。歴代の政府による驚異的な欠点は、人々を忘れられた場所に閉じ込めています。納税者に信じられないほどのコストがかかっているため、このシステムは何年にもわたって導入されており、生活を築くことも、社会に貢献することもできません。」

彼は、現在のシステムは「慢性的な不均衡」に苦しんでいると述べた. 彼は続けて、英国は「すべての人を受け入れることはできない」が、「効果的で正確かつ明確な管理と、思いやりと尊厳とのバランスをとったシステム、歴史と適切な道徳的責任に基づいたシステム」を必要としていると述べた.

彼は、思いやりのある政権は「国境を開くことを意味するのではなく、寛大であり、本当に必要としていて私たちが提供できる人を喜んで歓迎する傾向がある」と付け加えた.

ウェルビーは、最後のイースターの説教で表明した、人々をルワンダに強制送還するという政府の政策は不道徳であり、それは「解決策ではなかった – それは間違っていた. それは失敗だった.

彼は、教会が「現実世界の複雑さから切り離して道徳について話すことで、多くの場合、しばしば正当に批判されてきた.世界中で多くの困難な仕事、出会い、支援、癒し、呼びかけを行っています。私たちは顔を見て、声を聞き、その経験から話します。」

大司教は、安全な通過の提供、家族の再会の拡大、到着者の効果的なスクリーニングの特定など、英国が亡命制度を改善するために講じることができる措置を概説しました。

亡命希望者は「働くことを許可されるだけでなく、適切でない限られた状況を除いて、働くことを期待されるべきです」。

英国は他国とともに率先して密輸を国際犯罪に仕立て上げ、国際的な力で対処しなければなりません。 「これは、海賊行為に対して17世紀に、奴隷貿易に対して19世紀に行ったことです。確かに、これは危険です。」

カンタベリー大司教は、 貴族院 毎年12月に話し合います。

READ  アメリカは避難の促進についてタリバンと話し合っている| アフガニスタン