Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

センサーメーカーのケインズは、16万ドルで日本で最も有給の雇用主です。

東京オートマチックセンサーとマシンビジョンシステムのメーカーであるケインズは、3月に終了する会計年度で日本で最も高収入の会社であり、流行による景気低迷にもかかわらず、収益性の高い企業は引き続き従業員に報いる。

ケインズの約2,600人の従業員は、年間平均1,751百万円(16万ドル)を稼いでいます。 日経500株の平均は100人以上の355のコンポーネントを採用しています。

昨年度の営業利益の減少にもかかわらず、ケインズは依然として日本で最も収益性の高い企業の1つであり、約50%で営業しています。 同社は営業利益の一部を年4回、特別給と月額ボーナスで従業員に分配している。

「モラルを高めるために、私たちは従業員が彼らの収入貢献に対して報われることを確実にします」と会社は言いました。

商品の在庫や他の会社によって動かされている主要な貿易会社もトップの座にあります。 エトオは3位で1,627万円で、前年同期比4%増となった。

2020年までに日本で最も高額な企業トップ10

  1. ケインズ、160,000ドル
  2. 三菱商事、153,000ドル
  3. 伊藤忠商事、148,000ドル
  4. 三井物産、135,000ドル
  5. 野村ホールディングス、129,000ドル
  6. ソフトバンクグループ、128,000ドル
  7. 日本テレビホールディングス、126,000ドル
  8. 住友商事、124,000ドル
  9. 東京マリンホールディングス、118,000ドル
  10. 三井二人さん、116,000ドル(1ドル= 109.63円)

昨年度日本企業の中で最高の純利益を記録したソフトバンクグループは、6位で1,404万円。

全体として、昨年の130社の年収は225社に減少しました。

最大の飛躍は、より多くの消費者が家にいることで恩恵を受けた企業でした。 松井証券は、個人投資家による多数のオンライン取引で株価が上昇したことから、24.4%と最大の利益を上げた。 同社は、通常の年俸に加えて、3月末に追加のボーナスを提供しました。

エレクトロニクスリテーラーケースホールディングスの平均賃金は、デバイスの売上増加により10.5%増加しました。 「流行の真っ只中に私たちの店を支えた労働者への報酬を増やしました」と会社は言いました。

ソーシャルネットワーキングサービスのMixiは、在宅勤務の従業員を支援するために最大80,000円の助成金を提供しました。 スポーツ事業の好業績がボーナスの増加を引き起こし、賃金が11.3%増加しました。

一方、レジャー会社や航空会社の労働者は深刻な影響を受けました。 東京ディズニーリゾートオペレーターオリエンタルランドの年収は36.3%減の451万円で、勤務時間などの挫折により同社の冬季ボーナスは70%減となった。

全日本空輸の親会社であるANAホールディングスは、雇用を維持するためにボーナスを減らし、支払うと述べた。 その賃金は昨年23.5%下がった。 日本航空は19.2%の減少を見せ、同社は夏のボーナスを半分にし、冬のボーナスを4分の3に半分にしました。

新日本製鐵の資金は19.4%減少した。 同社は、2019年度に3,000億円以上の損失を計上した前年の製鋼事業の業績に基づいてボーナスを計算している。 ただし、今年度は景気回復が見込まれ、2022年度の年収が上昇する。

デジタルスキルをめぐる世界的な競争が激化する中、日本企業にとって賃金は大きな問題になりつつあります。

経済協力開発機構のデータによると、昨年の日本の平均年収は約38,500ドルで、OECD平均より20%高かった。 安倍晋三前首相の経済計画に基づいてデータをアップグレードした上場企業約2,000社の年収は、2020年度には2%近く下落して632万円となった。

日本の企業収益は、主に輸出業者に牽引されて、今年度は大幅に増加すると予想されます。

「景気が正常に戻ると、お金は少し回復しますが、状況にもよりますが [coronavirus] タイプ、「NLI研究所のシンコエイドは言った。

しかし、エピデミックが続く中、一部の企業は賃金の引き上げよりも雇用保障を優先しており、これは従業員の報酬傾向の分裂につながる可能性があります。

READ  ノルウェーの誰かが日本にゼロCO2の「グリーンアンモニア」を供給しているようです