Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ソフトバンクのCEO、ロボットは日本の経済を後押しできると言う

ソフトバンクグループの孫正義最高経営責任者(CEO)は昨日、いわゆるインテリジェントロボットが日本の経済と競争力を復活させ、同社の有名な「ペッパー」ロボットが撤退する準備をするにつれてロボット工学を倍増させる可能性があると述べた。

ソフトバンクワールド2021のウェビナーで、ソン氏は、同社のビジョンファンドは、かわいいペッパーのダンスと受信機能をはるかに超えた、人工知能(AI)で強化されたマシンの開発に取り組んでいる18社と提携していると述べました。

「私たちは数年前にペッパーと素晴らしい最初のイベントを行いました、そして今彼は頭を下げています」と息子はたるんだペッパーの突起の前に立って言いました。

写真:ロイター

ソフトバンクの創設者は、「産業労働者や産業労働者だけでなく、労働力全体に取って代わるスマートロボット」で未来を予見したと語った。

息子は基調講演に、人型ロボットが走ったりジャンプしたり、円筒形の機械が床をこすったりするビデオを掲載しました。

しかし、彼はどのデバイスの新規投資や市場価格についても詳細を提供しなかったし、規制当局がテクノロジー企業の監視を劇的に強化した中国のソフトバンクへの投資の停止についても言及しなかった。

ソフトバンクは6月、犬のような「スポット」玩具を製造するボストンダイナミクス社の80%を韓国の現代自動車グループに11億ドルで売却した。

1か月後、ロイターは、息子が2014年に大ファンファーレで明らかにしたPepperの販売は2023年に終了すると報告しました。

息子は会議で、ソフトバンクはボストンダイナミクスとのコラボレーションパートナーであり続け、ペッパーからはよりスマートで機能的なロボットの世代、または彼が「スマート」と「ロボット」の両方の短縮形である「スマボ」と呼んだものが登場すると述べました。日本。

サン氏によると、このような機械は、1台のインテリジェントロボットが人間の1日あたりの生産量の10倍を実行できるため、労働力に革命を起こす可能性があるという。

彼は、日本ではこれは1億台のロボットが10億人の仕事をすることができることを意味すると付け加えました。

「人間は退屈な仕事から解放されることができます」と彼は言い、「彼らはより付加価値のある何かに取り組むことができます」と付け加えました。

コメントはモデレートされます。 記事に関連するコメントを保管してください。 わいせつまたはわいせつな言葉、あらゆる種類の個人的な攻撃、宣伝、ユーザーの禁止を含むメモは削除されます。 最終決定は、TaipeiTimesの裁量に委ねられます。

READ  東京オリンピック:ウガンダのチームメンバーの1人がCOVID陽性でした| オリンピックニュース