Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

タレスのボスが買収を検討中

タレスのボスが買収を検討中

無料のタレス SA アップデートを入手する

欧州最大の防衛エレクトロニクスグループが軍事支出の復活とコロナウイルス後の民間航空の回復を利用しようとしているため、タレスは最近の40億ユーロの買収騒動の後でもさらなる買収に意欲があると同社最高経営責任者は述べた。

2014年からタレスを率いるパトリス・ケイン氏は、フランスのグループは今後もどの事業分野でも「追加のM&Aに資金を投入する」可能性があるが、最近の買収の統合が当面の焦点になるだろうと述べた。

タレスは、過去数カ月間に3つの買収を立て続けに発表し、投資家を驚かせてきた。その中には、デジタルセキュリティ企業ジェムアルトを48億ユーロで買収した2017年末以来最大の買収となる、米国のサイバーセキュリティグループImpervaとの36億ドルの取引も含まれる。

ケイン氏はロンドンでのインタビューで、タレスが「彼らが期待する価値を創造できる」ことを投資家に証明するために「これらの企業を統合することが最優先だ」と語った。

しかし、同社は今後も拡大の機会を模索するだろう。 「将来的に興味深い合併や買収が行われる可能性があることは承知している」と同氏は付け加えた。 「ですから、明らかにサイバースペースですが、それだけではなく、サイバースペース、防衛、あるいは宇宙でもあるのです。」

タレスは、10 年近くかけてサイバーセキュリティ活動を徐々に構築してきました。 カイエンは、2024年末までに売上高25億ユーロに達する見込みだと述べた。

ケイン氏は、タレスは配当や自社株買いの面で株主利益を犠牲にする必要はないと述べた。 先に発表した自社株買いプログラムも実施され、現在グループの配当性向は約40%となっている。

同社は事業を16億ユーロで日本の日立に売却する予定であるため、この取引後もグループの影響力は引き続き管理されることになる。 アナリストらによると、同社の純負債対EBITDA比率は2024年末までに0.7倍に達し、投資適格企業としては許容可能な水準に達するとのことだ。

しかし、パートナーズのアナリスト、サッシ・トゥサ氏は、最近の買い占めを考慮すると、「2024年3月以降が自社株買いの適切な時期であるという結論を逃れるのは難しい」と述べた。

タレスは、ラファール戦闘機や SAMP-T 防空システムなどの主要な兵器プログラムに組み込まれる技術、ソフトウェア、センサーを製造しているため、フランスの企業防衛分野で重要な地位を占めています。 しかし、同社はまた、機内エンターテインメント、レーダー、衛星、宇宙におけるその他の通信サービスなどの民間航空機向けの技術も提供しており、さらに現在はサイバーセキュリティの分野でも活動を行っています。

フランスの国営企業タレスが25.7%の株式を保有する筆頭株主で、ラファールのメーカーであるダッソー・アビエーションが24.6%の株式を保有している。

同社の株価は今年16%上昇し、歴史的高値を記録し、ほぼ横ばいで推移しているMSCI世界航空宇宙・防衛指数を上回っている。

欧州の同国と同様、タレスはウクライナ戦争後の政府による国防支出の増加の恩恵を受けている。 肩から発射するスターストリーク・ミサイルを含む同社の武器の多くは、西側政府の備蓄からウクライナに寄贈された。

タレスは、紛争が続く兆候が見られる中、ウクライナでの関係を強化する機会を模索している多くの請負業者の1社である。 ケイン氏は、同社がキエフで使用されている機器に対する「サポートとサービス活動」の提供についてキエフと協議していると述べた。

ウクライナ戦争が始まって以来、各国は防衛費を増やしているが、この紛争はまた、欧州諸国が共同兵器計画をさらに開発すべきか、それとも米国メーカーの既製装備に依存し続けるべきかについての古い議論を再燃させている。

フランスとドイツが開発に注力していたFCAS戦闘機計画は、政治的および産業界の内紛によって遅れており、将来の戦車を開発する個別の取り組みも同様の障害に直面している。 一部のアナリストは、これらのプロジェクトが日の目を見ることになるのではないかと疑っています。

FCASはまた、より急速に進んでいるGCAPとして知られる英国、イタリア、日本の別のプロジェクトとの競争にも直面しているが、ケイン氏は両者の比較を否定し、「これは長期的なプロジェクトだ…私は心配していない」と述べた。

EU諸国間のより深い防衛協力が本当に可能なのかについて見解を求められた際、同氏はタレスが英国海軍とフランス海軍に対して行った取り組みなど、いくつかの成功例を挙げた。

「異なる視点や業務上のニーズを持つ複数の顧客がいる場合や、独自の目的を持った異なる企業が存在する場合を例に挙げると、実際にはノーベル賞は必要ありません。 [winner] そうだと言うのは難しい、と彼は言った。

READ  ティーンは、ポケモンカード、​​ゲーム機などを再販しながら170万ドルを稼ぎます