Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ダンガンロンパのメーカーはSwitchの新作ゲームのせいで借金を抱えているようだ

ダンガンロンパのメーカーはSwitchの新作ゲームのせいで借金を抱えているようだ

画像:アニプレックス

任天堂の最近のライブショーで、開発元 Too Kyoo Games と販売元 Aniplex による、非常に有望な『The Hundred Line -Last Defense Academy -』が公開されました。

とのコラボレーションにより誕生 ダンガンロンパ シリーズライターの小高和剛さんと ゼロエスケープ ゲームクリエイターの打越鋼太郎氏のインタビューによると、このゲームは2025年にリリースされる予定ですが… ファミ通 (ありがとう、 ロボット)、プロジェクトの進行には多少の困難があったようで、最終的にToo Kyoo Gamesは借金を抱えてしまった。

このプロジェクトの開発は、2017 年に Too Kyoo Games が設立された直後に開始されたようですが、パブリッシング契約が破棄された後、ゲームに大幅な変更が加えられました。 当初は「独立規模」プロジェクトとして開始されたものですが、現在では大幅に多くの投資が必要です。

そのため、アニプレックスと提携する前に、Too Kyoo Games はゲームの開発を支援するために融資を受けていましたが、Too Kyoo メンバーは株式売却によって必要な資金を調達できなかったため、スタジオは借金に陥っていました。 Too Kyoo Games は今日に至るまで借金を抱えているにもかかわらず、アニプレックスはありがたいことにチームと協力することに前向きでした。

それで見た目がとても良くなったのは良いことです。 戦略的 RPG 要素と、ダンガンロンパ シリーズの古典的なビジュアルノベルのインタラクションを融合させたもので、2025 年のリリースが近づくにつれ、さらに詳しく知るのが待ちきれません。

次の仮説を思い出してください。

「…のクリエイターによる新しいゲームをご紹介します。」 ダンガンロンパ シリーズ! 平凡な生活を送っていた角野巧は、最終防衛大学に転校させられる。 彼の使命は、「学校侵略者」と呼ばれる謎の敵から学校を100日間守ること。 タクミとして、彼は失われた日常を取り戻そうとする15人のクラスメイトとともに学校の謎に満ちた真実を掘り下げます。 学校を探索し、友達との戦いに備えて、戦略的な RPG バトルで侵略者と衝突しましょう。

READ  Apple、14億6,000万人のiPhoneユーザー全員にGoogle Chromeに関する「重大な」警告を発令