Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

デジタルイノベーションはどのように地域を活性化させることができますか?

日本の多くの地域社会は岐路に立っています。 政府は、革新的な活性化計画を通じて、人口減少や高齢化などの幅広い問題に取り組む意向を表明しており、大きな変化が迫っています。

更新が必要な町や村に新しいデジタルテクノロジーを導入することが戦略の中心であり、5Gの提供から、自動運転や動的交通制御などの将来のサービスをサポートできるインフラストラクチャの開発、衛星オフィスまで、すべてが含まれます。

Euronewsは、影響力があり、経験豊富で業界に情報を提供する意思決定者のグループを集めて、イノベーションのベストプラクティスについて話し合います。 神山や伊那など海外の事例研究や、デジタル技術によるリニューアル成功の幅広いトピックについて話し合います。

この記事では、3月1日の11.00CETで議論をライブで見ることができます。

ディスカッションの議題には、次の重要な質問があります。成功する活性化計画をどのように定義しますか。 主なコンポーネントは何ですか? 価格を上げることによって、改修が既存の人口を疎外しないようにするにはどうすればよいでしょうか。

私たちのセッションでは、EuronewsのディレクターであるDamon Emblingが主催する90分間の討論で、これらのトピックなどを取り上げます。 会話の後に15分間の質疑応答セッションが続き、視聴者はグループに質問する機会があります。

最近の演説で新しい政策を発表した岸田文雄首相は次のように宣言した。

新資本主義の主な主体は地方である。 私たちは、デジタルパークシティ国家を実現し、地域の問題を解決し、地域から全国レベルへのボトムアップの成長を達成するというビジョンを積極的に前進させます。」

「規制緩和だけでなく、地域社会が私たちの日常生活を豊かにするための新しいサービスを生み出す新しいルールを作ることを目指しています」と彼は付け加えました。

では、これは地球上ではどのように見えるのでしょうか? 近年、いくつかの注目すべき成功があり、それは間違いなく、将来を見据えた社会のインスピレーションの源となる可能性があります。

徳島県の神山市は、高齢化に苦しむ小さな山岳コミュニティであり、デジタル開発に支えられた一連の革新的で創造的なプロジェクトを通じて運命を変えてきました。

高速でブロードバンドの光ファイバーブロードバンドの導入は、東京が東京よりも大きな企業の衛星オフィスをサポートできることを意味します。 芸術や国際交流プログラムと組み合わせることで、これらの変化は新しい住民を引き付け、学校や地域経済に新しい命を吹き込みました。

長野県伊那市など他の場所でも、技術の助けを借りて医師不足の課題に取り組み、地域住民と遠隔地で診察できる医師をつなぐ移動式診療所を設立しました。

このような刺激的な例は、国の他の地域での将来のプロジェクトに高い基準を設定しますが、もちろん、各コミュニティには独自の価値観、強み、課題があり、活性化は刺激的でありながら複雑な見通しになっています。

パネリストに会いましょう:

ミトモ 重木

顧問、デジタルパークス市のビジョン実現評議会の内閣官房。

東京大学で経済学の学士号を取得し、1999年にコーネル大学でMBAを取得した後、1995年に財務省に加わりました。NRI戦略的経営革新センターの主任研究員として、日中合同を率いました。 COVIDのトライショックリバイバル戦略に関する研究研究グループ委員会。 彼はまた、日本レジリエンス協会の専門家会員であり、その勧告の実施に取り組んでいます。

彼はSDGsイノベーションを含むいくつかの組織を創設し設立しました 車軸(SIH)

加藤百合子

M2Labo.incのCEO。

加藤は東京大学を卒業し、クランフィールド大学で精密農業の修士号を取得しています。 彼女は、宇宙船での食糧生産を研究するNASAプロジェクトに参加しました。 キヤノンで働き、産業機械会社の研究開発リーダーを務めた後、持続可能な社会の実現を目指して2009年にM2ラボを設立しました。 彼女は地元の事業開発、農業ロボット工学、数値解析の経験があります。

加藤は、2012年に日本政策投資銀行初の女性新事業計画コンペで最優秀賞を受賞しました。

クリススターキー

ニューアングリアLEPのCEO

スターキーは、イングランド東部での郡の更新の経験と、その中でデジタル要素が果たす役割を共有します。 LEPネットワークは、英国全体で地域の経済成長と繁栄を構築する上で、地域企業パートナーシップの影響と価値をサポートします。 これは、政府、コンサルタント、企業、学界、シンクタンク、およびその他の主要なプレーヤーとともに、全国レベルでのLEPの主なコメンテーターおよびネゴシエーターとしての役割を果たします。 また、国レベルでのLEPに関する情報とデータの中心的な情報源としても機能します。

アレックスカー

NPO篪庵トラストの創設者兼社長

十津川村出身のアレックス・カーは、東洋文化の学者であり、NPO篪庵トラストの創設者兼社長です。 彼は1952年に米国メリーランド州で生まれ、1974年にイェール大学で日本研究を学びました。イェールにいる間、彼は慶應義塾大学国際センターで学びました。 1977年にオックスフォード大学で中国学を卒業した後、日本に移住。 十津川村をはじめ、全国各地の古民家の活性化に取り組んできました。

READ  日本はワクチンコールドチェーン機器を購入するためにPH助成金を与える