Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

トイレメーカーのLixilは、Covid後のデジタルショールームへの移行を計画しています

コロナウイルスパンデミックの更新

世界最大のトイレと住宅グループの1つであるLixilは、Covid-19が住宅の設計とリフォームの方法に根本的な変化をもたらしているため、2021年末までに顧客の半数がデジタルショールームを使用すると予想しています。

Lyxelの最高デジタル責任者である金沢雄吾氏は、フィナンシャルタイムズに、物理的なショールーム体験とオンラインショールーム体験を組み合わせた消費者は、コロナウイルス感染後の時代に恒久的な機能になると語った。

「それは逆転しないだろう」と金沢氏は言い、デジタルトランスフォーメーションはグループが従業員やビジネスパートナーとやり取りする方法に適用されるだろうと付け加えた。 「それはただのCovidのものではありません。それは今より永続的です。」

昨年、コロナウイルスの制限により全国のショールームが閉鎖された後、Lixilは、従来は対面式のやり取りとファックス機に依存して注文を行っていた保守的な業界の顧客とオンラインビデオセッションを提供した最初の企業の1つでした。

そのこと バーチャルギャラリー携帯電話、ラップトップ、タブレットでアクセス可能で、過去12か月で、Zoomインタラクションから、3D画像、拡張現実、その他のテクノロジーを使用した体験へと進化し、顧客は実際のギャラリーで利用できるよりもさまざまなキッチンやトイレのデザインを体験できます。

「デジタルギャラリーの使用は急速に増加しているので、50%に達することができると非常に楽観的です。 [of customer use] 「少なくとも今年は」金沢は言った。

現在、Lixilの顧客の10%未満がデジタルショールームを使用しています。 ライバルのトトは5月にデジタルショールームの提供を開始しましたが、そのようなサービスの需要はCovidを超えて続くと述べています。

企業がデジタルショールームに投資している理由の1つは、日本の顧客のライフスタイルの変化であり、多くの人が2時間の物理的なツアーの時間を見つけるのに苦労しています。

Covid-19以前は、Lixilの顧客は実際のショールームに少なくとも2回訪問する必要がありました。 しかし金沢氏は、対面訪問は今ではより短いオンラインセッションで迅速にフォローアップできると述べた。

Lixilのショールームコーディネーターである中村義恵は、次のように述べています。

昨年、Lixilはフランクフルトで開催された業界最大の見本市にも参加しないことを決定しました。 代わりに、彼女は600万ユーロを費やしました。これは、2週間の見本市に参加して作成するのにかかった金額と同じです。 仮想プラットフォーム これは一年中開いています。

Grohe Xプラットフォームは、3月の発売後の最初の週に70,000回の視聴を獲得し、建築家やデザイナーから配管工に至るまで、世界中のクライアントと4,000人の予約を獲得しました。

Lixilのヨーロッパ、中東、北アフリカのマーケティングリーダーであるGerhard Sturmは、次のように述べています。 「この種のプラットフォームは、従来の見本市よりも非常に効率的で、はるかに高速で、スケーラブルで、カスタマイズ可能です。」

READ  日本と韓国の企業との9億8600万リンギット相当の輸出取引