Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

トヨタはそれをロータスと組み合わせてミッドエンジンのスポーツカーを作る可能性を模索している

今週の初めに、ルノー・日産ア​​ライアンスを通じて、ルノーアルピーヌA110プラットフォームを使用して、エンジンが取り付けられたローグの1.5リッターターボの修正バージョンを使用するミッドエンジンスポーツカーを製造するという日産の大胆な計画のニュースをお届けしました。日産独自のe-Powerハイブリッドシステムは、効率とパワーを向上させます。

さて、トヨタが英国の会社ロータス(現在中国の会社ジーリーが所有している)との潜在的なコラボレーションを検討しているという驚くべき発見をお届けします。 1984年から2007年までの3世代。この提案されたパートナーシップは最初ではありません。 2004年以来、トヨタはエリーゼ、エボラ、その他のモデルに動力を供給するエンジンを供給することにより、ロータスと長年の関係を築いてきました。

クーペに関して言えば、トヨタは、スポーツカーの開発にかかる適度な販売量と高コストが、今日の業界では助けなしにはほとんど不可能であることを認識しています。 そのため、トヨタはBMWと協力して、同じシャーシとパワートレイン、3.0リッターと6気筒を使用するトヨタスープラとBMWZ4モデルを作成しました。 さらに、トヨタはスバルと協力して、同じシャーシ、2.4リッターパワートレイン、およびクローズボディバージョンを使用するトヨタGR86およびスバルBRZを製造しました。

しかし今回は、日本最大の自動車メーカーがロータスとのコラボレーションを楽しみにしており、2004年のジュネーブモーターショーのミッドエンジントヨタアレッサンドロボルタの現代的な解釈を真剣に検討しています。伝説的なイタルデザインによって設計され、デザインランボルギーニと同等で、その時代より何年も先を行っていましたが、2つの電気モーターを備えたミッドマウントの3.3リッターV6ガソリンエンジンを搭載し、合計で402馬力の出力を生み出しました。 4つの車輪。

今では2021年以降まで。 ハイブリッド技術とトヨタのツイン電気モーターを統合した新開発の3.0リッターハイブリッドユニットを搭載することが期待されている、まったく新しい中型エンジンの四輪駆動スポーツカーは、ロータスのハンドリング部門に長い間滞在することで利益をもたらします。 地上テストは、全体的なサスペンションチューニングと改善された排気音の対象となります。

トヨタが再びItaldesignに設計支援を依頼するかどうかは不明である。 新しいミッドエンジンクーペは、ここに示されているアレッサンドロボルタのコンセプトカーとMR2からデザインの手がかりを得る可能性があります。 新しいMR2は、GRスープラ、GR86、GRヤリス、そして来たるGRカローラを含むすでに強力なスポーツカーのラインナップを補完します。GRはトヨタの屋内レースおよびカスタマイズアームである「ガズーレーシング」を指します。

パンデミック、高い研究開発費、および永続的な半導体の問題を考えると、トヨタが新しい急進的なミッドエンジンスポーツカーで主導権を握るとすれば、2024年までにそれが出現するでしょう。

READ  日本の相撲取り力士、ひびけるが恐ろしい頭部外傷の1か月後に死亡-マディソンリーダーガゼット