Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ドイツを利用して、日本の医療会社オリンパスをCEOとして率いる

東京 – 日本の医療機器メーカーであるオリンパスは金曜日、以前はアンティークカメラで有名だったメーカーで20年間働いていたドイツ人のシュテファン・カウフマンをCEOに任命したと発表した。

東京に本拠を置くオリンパスは、カウフマンの任命は取締役会の承認を待って4月に発効すると述べ、カウフマンはオリンパスの医療技術への拡大を主導し、会社が臨床のニーズと要件に確実に適応できるようにする.

1919年に設立されたオリンパスは、昨年、伝統的なカメラ製造事業を 日本 インダストリアル・パートナーズ、投資会社。 彼は現在、内視鏡、医師が人体の内部を見るために使用する小さなカメラを備えたチューブなどの医療技術に焦点を当てています.

同社は現CEOの竹内康夫が会長に就任すると発表した。

オリンパスは 10 年前、別の外国人最高経営責任者である英国人のマイケル ウッドフォードが、疑わしい支払いで数百万ドルを取り調べた後、解雇されたときに見出しを飾りました。 同社は後に、この資金が巨額の投資損失を補うためのものであることを認めた.

当時、ウッドフォードのケースは、日本企業が外国人経営者とうまくやっていくことが困難であり、その逆もまた然りであるという例と見なされていた。 批評家は、彼の扱いはインシュラー・ジャパンの失敗も浮き彫りにしたと述べた. 職業倫理の基準を遵守します。

カウフマンはオリンパスの取締役、CEO、専務取締役であり、ヨーロッパ、中東、および アフリカ.

外国人が日本の会社を率いることは、まだ比較的まれです。 東京を拠点とするコンサルタントのCissoko and Co.によると、日本企業の約7.3%が外国人によって率いられているのに対し、米国では33.7%である。

カウフマン氏は、外国人が日本、したがって竹内と関わる潜在的なリスクを認識しており、彼が「あらゆる文化的役割」と呼んでいるものを確実にサポートできるようにするためのチームであると語った。

竹内氏とカウフマン氏は、オンライン グループ インタビューで、オリンパスは 10 年前の会計スキャンダル以来「新たな章」を迎え、今ではその経営陣は強力であると語った.

「私たちは新しいオリンパスです」とカウフマンは言いました。

いくつかのケースでは、外国のリーダーシップが成功したと判断されました。 これには、ベルギー生まれの三菱ケミカル グループのジャン マルク ギルソン、武田薬品工業のフランス人クリストフ ウェーバーの役割が含まれます。 SOURCE によると、数は徐々に増加していますが。

物事がうまくいかない状況で、レバノン系のフランス系ブラジル人であるカルロス ゴーンは、フランスの自動車メーカー ルノーから、苦戦しているパートナーである日産自動車の復活を支援するために派遣されました。 2018年後半。2019年後半にレバノンに逃亡。無実だと主張。

———

影山ゆり Twitter https://twitter.com/yurikageyama

READ  Tilottoma Bangla Groupは、バングラデシュで日本の健康ブランドを立ち上げました