Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ニュースナビゲーター:なぜCOVID-19ワクチンブースト用量が必要なのですか?



2021年6月17日、東京都千代田区の自衛隊集団ワクチン接種センターで男性がコロナウイルスワクチンを接種(毎日/小出洋平)

毎日新聞は、読者がCOVID-19ワクチンの3回目の接種について持っているかもしれないいくつかの一般的な質問に答えます。

質問:最初の2ショットを受け取った後、3回目の投与が必要ですか?

回答:コロナウイルスに対するワクチン接種を受けた人の免疫力を高めるための3回目の投与、または追加免疫投与は、イスラエルですでに行われています。 米国や英国を含む国々は、9月から独自のブースター注射を開始する予定です。 日本もサードショットの提出を検討しています。

Q:なぜ3回目の投与が必要なのですか?

A:感染を防ぐためにワクチンの効果を拡大する必要があるからです。 一般に、ワクチン接種や自然感染によって獲得された抗体のレベルは、時間の経過とともに減少します。 1つの非常に伝染性のデルタを含むコロナウイルスの突然変異体変異体の広がりの中で、感染は完全に予防接種を受けた人々の間で報告されました。

Q:ブースター用量はより強力な保護を提供するのに効果的ですか?

A:そこでワクチン接種を行っているイスラエル保健研究所は、2回のワクチン接種を受けた人と比較して、ワクチン接種後にCOVID-19を発症した人の数が86%少ない暫定的な結果を示す報告を発表しました。 ブースター用量のレシピエントの間で。 ただし、3回目の投与後もワクチンの有効期間など、追加免疫の投与に関しては未回答の質問があります。 コロナウイルス感染はワクチンだけでは完全に予防することはできず、3発目以降もマスク着用などの予防策を継続する必要があります。

Q:ブーストショットは良いアイデアのようですよね?

A:ええと、世界、特に発展途上国では、最初のワクチンを接種できなかった人がまだたくさんいます。 世界保健機関は、何よりもまず、ワクチンの配布が遅れている国々がワクチンを利用できるようにすることを求めています。これは、3回目の接種が必要となるデータが不足していることを理由にしています。 「ワクチンが着実に進んでいない地域で感染の発生が治まらなければ、新しい変異体が出現しやすくなり、コロナウイルスを封じ込めることができなくなります」と北里大学の特別任命教授である中山哲夫は言います。臨床ウイルス学を専門とする東京。 「日本でも、ワクチン接種を希望する人に2回注射することを優先すべきだ」と彼は付け加えた。

(岩崎あゆむ科学環境ニュース課による日本語原文)

READ  ハッブル宇宙望遠鏡のバックアップコンピュータでさえ、現在誤動作しています