Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ノルウェーのSWFが日本の取締役会でより多くの自由を手に入れる| ニュース

日本への出資の約8%を投資しているノルウェーのソブリンウェルスファンドは、アジアの国の行使を利用して、日本の企業取締役会の独立性を高めるために企業経営規範を改訂しました。

日本のコーポレートガバナンスコードの改正と投資家および機関投資家の関与に関するガイドライン-上場企業に適用-NorgesBank Investment Management(NBIM)は、次のように述べています。 取締役会の少なくとも3分の1を独立取締役として任命するための主な市場。 」

しかし、Government Pension Fund Global(GPFG)のオスロマネージャーは、「世界のベストプラクティスに沿って、主流市場に過半数の独立取締役の質を採用することを検討することを議会に奨励します」と付け加えました。

他の市場に上場している企業の場合、NBIMは、時間の経過とともに過半数を対象とした3分の1の独立要件があるべきであると提案しています。

NBIMの回答は、日本金融サービス公社(FSA)と東京証券取引所、およびNBIMの最高経営責任者兼調整責任者兼シニアエコノミストであり中央銀行のPeter AlexisVegerichが署名したKarenSmithEhenachoに2通の手紙で送られました。 部門。

ペアは、コードが2015年に導入されて以来、日本の取締役会の独立性のレベルが徐々に高まっていると述べました。

NBIMは、委員会の構造、任命プロセス、および一貫性レポートの問題にも対処します。

独立した形態に加えて、取締役会はさまざまなスキルとバックグラウンドを持っている必要があります。SmithIhenachoとVejerichは、チームの指名プロセスで多様性を考慮することの重要性を強調するコードの改訂を歓迎すると書いています。

改訂されたコード草案では、「持続可能性とESG」という見出しの下で、上場企業は基本方針を策定し、組織の持続可能性に関するイニシアチブを公開し、「DCFDに基づいて気候関連の曝露の質と量を改善する」必要があると述べています。 [Task Force on Climate-related Financial Disclosures] 日本のFSAによると、主要な上場企業における推奨事項または同等の国際構造。

NPIMは、DCFTノートを歓迎すると述べたが、「測定と目標に関するガバナンス、戦略、リスク管理、気候報告のための効率的なフレームワーク」を提供し、SmithIhenachoとVegerichは彼らの見解ではもちろん同社のレポートには、すべての重要な持続可能性のリスクと機会が反映されています。

「気候変動は多くの企業にとって重要なトピックですが、他の持続可能性の問題も財務的である可能性があり、統合された持続可能性フレームワークを作成するための国際財務報告基準(IFRS)への言及に注意します」とカップルは書いています。

彼らは、株主と企業間の対話を改善するための投資家と企業のエンゲージメントガイドラインの追加資料を高く評価し、過去数年間、NBIMは日本企業がますます株主とのエンゲージメントを望んでいるのを見てきました。

「特に会長が幹部である企業では、独立取締役と直接関わることを歓迎します」と彼らは言いました。

2020年末現在、日本株はGPFGの株式の8.2%を保有しており、当時は79兆クローネ(7,880億ユーロ)でした。

最新のIPEマガジンをお探しですか? ここでデジタル版を読んでください。

READ  ソフトバンクのCEOは、ワクチンをキャッチするための日本のレースでオリンピックを非難します