Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ハイキュー vs デーモンスレイヤー:日本の興行収入が新たなお気に入りを発表

ハイキュー vs デーモンスレイヤー:日本の興行収入が新たなお気に入りを発表

長い休止期間を経て、大人気少年アニメ『ハイキュー!!』 彼は以前のようにエピソード的なリリースを行うのではなく、大画面に戻ってきました。 『ハイキュー ゴミ捨て場の決戦』は日本の興行収入で2週間トップを続け、劇場版『鬼滅の刃』の最新作を上回った。 両方の映画版は、ファンの忍耐をなだめるため、まったく異なる外観を身に着けていました。 スポーツアニメのプレミアは映画の長さに凝縮されていたが、デーモンスレイヤーは今後の延長シーズンの最初の反復にすぎない。

『ハイキュー:ゴミ捨て場の決戦』が日本の興行収入の王座を確保する一方、2024年の『鬼滅の刃』映画は3位に後退する。

少年剣術シリーズも、このトップ争いにおいて同様に価値のある候補です。 しかし、映画公開としての独自性の欠如により、この運命に見舞われました。 彼は現在、販売競争で 3 位に落ちています。

Hindustan Times – 最新ニュースの最速の情報源! 今すぐ読んでください。

こちらもお読みください: 呪術廻戦 S2 が 2024 Crunchyroll アニメ賞を独占; 受賞者リストが出ました!

『ハイキュー』の新作映画が『鬼滅の刃:柱訓練編』を上回る:

によると アニメニュースネットワーク映画『ハイキュー』は昨年2月末時点で日本で290万枚のチケットを販売し、約41億円(2700万ドル)の興行収入をあげた。 初演後3日間で150万枚のチケットを販売し、オープニング週末としては最大の記録を達成した。 日本では『バレーボール』映画が2月16日に公開されたのに対し、『鬼滅の刃 柱稽古へ』は2月2日に公開された。 初登場1位だったが、最終的に3週間後には120万枚のチケットで3位に下がり、17億枚のチケットをもたらした。 円(1100万ドル)。

古舘春一の漫画の高校バレーボールの最終話が、2部構成の映画イベントを通じて公開された。 逆に、Demon Slayerの映画(基本的に大画面で公開されるエピソード)は、次のアニメシーズンの前編です。

『ハイキュー』の映画初演に対するより伝統的なアプローチが、その成功をさらに高めた可能性があると考えられています。 さらに、最終シーズンとなる『ハイキュー!!』 『To The Top Part 2(ハイキュー シーズン4 パート2)』は2020年に終了しました。そのため、ファンはそれ以来長い間待っており、忠実なファンベースの興奮が再び高まりました。 一方、劇場版「鬼滅の刃」の前作(劇場版「鬼滅の刃」無限列車編)もテレビ用に再編集された。 したがって、ファンはリメイク版の小型スクリーン版のリリースを待つこともできます。

READ  中国のランナーが東京オリンピックで歴史を作る