Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

バービカンで日本のモンスター映画の 70 年を振り返る

バービカンで日本のモンスター映画の 70 年を振り返る

この夏、バービカン アート センターは、最初のゴジラ映画の公開 70 周年を記念して日本の怪獣映画シリーズを上映します。

モスラ対ゴジラ

ゴジラ、モスラ、キングギドラ、ガメラ、さらにはヘドラという有毒なスモッグ怪獣まで登場する映画上映では、映画を紹介する作家、専門家、怪獣愛好家による紹介や生演奏が行われます。

1954 年、ダークでスリリングな怪獣映画の傑作、初のゴジラ映画が日本で公開されました。 この映画は莫大な収入を生み出し、今日まで続く一連の映画を世に送り出しました。 巨大なモンスター(文字通り「奇妙な獣」を意味する)が登場するこれらの映画は、日本では長い間愛されてきましたが、西側諸国での評価は最近まで一貫しておらず、粗雑な吹き替えや上映時間に合わせた残酷な編集が行われ、ストーリーラインが支離滅裂でリード的なものになることがよくありました。嘲笑すること。

近年、英語字幕付きの日本語オリジナルの復元版が入手しやすくなったことで、これらの映画の認知度はさらに高まり、今年は『ゴジラ マイナスワン』が怪獣映画として初めてオスカー賞を受賞し最高潮に達した。

ゴジラの命日を祝うため、バービカンセンターは国際交流基金と協力し、70年以上にわたる最もワイルドで興味深い日本の怪獣映画のセレクションを専門家の紹介とともに上映している。

怪獣の祭典はモスラ対モスラから始まります。 このジャンルの最高の映画の 1 つである『ゴジラ』(1964 年、本多猪四郎監督)は、最も愛されている 2 匹の巨大怪獣の間のバトルロワイヤルです。暴れまわるゴジラと怪獣の神モスラとの対決です。 これは、初期の怪獣映画の中でゴジラをヒーローではなく悪役として描いた最後の作品であり、楽しいと同時に恐ろしいものでもあります。 このプレゼンテーションは、日本映画を専門とするライター兼キュレーターのジャスパー・シャープ氏が担当します。

完全なプログラム:

モスラ vs. ゴジラ (12a) + ジャスパー・シャープによる紹介

日本 1964年、本多猪四郎監督、89分、日本語、英語字幕付き

8月7日水曜日、午後6時30分、シネマ1

詳細はこちら

すべてのモンスターを破壊する (12A) + 保木和子怪獣による紹介

日本 1968年、本多猪四郎監督、89分、日本語、英語字幕付き

8月14日水曜日、午後6時30分、シネマ1

詳細はこちら

ガメラ 宇宙の守護者 (PG) + Stephen Sloss による紹介文

日本 1995年 金子修介監督、95分、日本語、英語字幕付き

8月18日日曜日、午後5時45分、シネマ1

詳細はこちら

シン・ゴジラ + ヘレン・マッカーシーによる紹介文

日本 2016年、庵野秀明監督、樋口真嗣、120分、日本語、英語字幕付き

8月20日火曜日、午後6時15分、シネマ1

詳細はこちら

ゴジラvs. ヘドラ (バグ)

1971年日本、坂野吉光監督、85分、日本語、英語字幕付き

8月25日日曜日、午後8時30分、屋外映画館

詳細はこちら

モスラ (PG) + フランク・チキンズによるライブ・パフォーマンス

日本 1961年、本多猪四郎監督、101分、日本語、英語字幕付き

8月28日水曜日、午後6時15分、シネマ1

詳細はこちら

READ  日本映画祭オンライン 2024 – ヒューストン日系人協会