Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

パラリンピック:日本が車椅子バスケットボール決勝でトルコを上回った

東京(京都)-日本は、月曜日の最終グループステージマッチでトルコに67-55で勝利した後、東京パラリンピックで男子車椅子バスケットボール準々決勝以降のペースを上げることを目指しています。

日本は当初遅れをとった後、第2四半期に赤字を補った。

日本のトップスコアラーである33歳のフォワード香西洋樹による防御力の向上のおかげで、チームは唯一のチームレベルの敗北から79-61を失いました。

「それは私たちの質素な防御によって導かれた良いゲームでした。私たちはスペインとの試合で調整することができました、その間彼らはよりよく防御することができませんでした」とKosaiは言いました。

「時間に戻れないなど、いくつかの初期の欠陥を修正することができました。」

2016年のリオデジャネイロパラリンピックでは、4位のトルコと9位の日本が水曜日の準々決勝で優勝しました。

日本は、コロンビア、韓国、カナダとの最初のラウンドでの勝利に続き、スペインに敗れた後、最初の車椅子バスケットボールメダルを目指しています。

日本の恭也監督によると、彼のチームは若い選手の登場により、この1年で大きな進歩を遂げました。

「彼らの成長は、チーム全体のレベルを上げたシニア(フロモ)フジモトとコサイを含むシニアプレーヤーの進歩に拍車をかけました」とコーチは言いました。

37歳の藤本は、古西に次ぐ19ポイントを獲得した。

「優秀な若手選手の登場は心強い。日本全体にとっては良いことだ。しかし、アスリートとしては、まだまだ高いレベルで戦える気がする」と高西は語った。

一方、京屋は、特に守備側では、チームはノックアウトステージに向けて前進する余地があると語った。

安全志向の哲学はチーム全体で広く共有されているようで、古西と警備員の鳥海(22)は、準々決勝以降で重要となる厳しい防御によって実行されるペースの速い翻訳者です。

「私たちは基本構造に基づいて(ノックアウトゲーム)をプレーするのが好きです。タイトな防御でゲームの流れを育み、移行中のバスケットを攻撃します」とソコイは月曜日に8アシストと14ラウンドで両部門のチームをリードしました。

コーチは、「世界の舞台でさらに進歩するために、日本はセミコートシステムでより大きな敵を守る方法を見つけなければならない」と付け加えた。

「そのエリアを改善することで決勝に進出したい」と彼は語った。

READ  DAZNが日本でAFCチャンピオンズリーグの権利を取得