Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

パリで開催された展覧会では、日本のアイコンから世界的なトレンドまで、着物を探ります

サムライや芸者、ポップ スターやオートクチュール デザイナーなど、着物は単なる伝統的な衣装ではなく、ダイナミックなファッション アイテムです。 パリのケ・ブランリ美術館で開催される新しい展覧会では、アイコニックな日本の衣服が階級や文化をどのように超えているかに光を当てます。

着物 展示2020 年にロンドンのヴィクトリア アンド アルバート美術館でデビューしたこの衣装は、衣装の歴史を再訪することを目的としています。

「特に西洋では、着物が何であるかを完全に理解していないと思います。私たちは着物を一種の時代を超越した伝統的な衣装と見なす傾向があります」とアジア部門のキュレーターであるアナ・ジャクソンは言いました ビクトリアとアルバートRFIに伝えてください。

「実際、着物は常にファッションの非常にダイナミックな要素でした。」

「私はあなたが言ったことすべてに完全に同意します」

文字通り「着るもの」と呼ばれる着物は、千年以上前に日本に登場しました。

最初から 江戸時代 (1603-1868)、全国で着用されました。

商人階級は生産の増加に貢献し、武士階級は最も豪華なタイプを着用しました.

「着物は日本で長い歴史を持っていますが、17世紀以来、性別や社会的地位に関係なく、日本人全員にとって衣料品の定番となっています.

西洋の美学では、女性だけでなく男性にとっても、衣服は体の特定の部分を隠したり強調したりするものと考える傾向があります. […] これは着物では重要ではありませんが.

RFI英語についてもっと読む

また読む:
アフロビートの反抗的な王、フェラ・クティを称えるパリでの展覧会
世界の美術界がピカソの死後半世紀を追悼
パリのギャラリーが、フランス領ギアナのスリナム出身のあずき色のアートをハイライト

READ  オレクサンドル・ジンチェンコとの契約をめぐってマンチェスター・シティと交渉中のアーセナル