Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ピーターライトは2022年のPDCワールドダーツチャンピオンシップ決勝でマイケルスミスを破った

hこんにちは、いらっしゃい テレグラフスポーツ ロンドンのアレクサンドラパレスで行われた、イングランドのマイケルスミスとスコットランドのピーターライトの間で行われた、今夜のPDCワールドチャンピオンシップファイナルのライブ中継。

これは、2019年にマイケルヴァンガーウェンに敗れた後、世界選手権決勝での「ブリーボーイ」スミスの2回目の登場です。一方、「スネークバイト」ライトは、彼の名前で1つの世界タイトルを保持しています。夏。、2014年にスコットランド人がヴァンガーウィンに敗れた-あなたはそれを推測した。

スミスは昨夜の最初の準決勝でジェイムズウェイドを6-3で破り、ライトの同胞であるゲイリーアンダーソンを高品質のスリラーで6-4で送りました。

後に膝の怪我をして不快感を覚えたライトは、最初の3セットを勝ち取ってスタイルを開いた後、3-2、次に5-4に戻った。

その後、アンダーソンはスローインレッグを取り、第10セットで前進しましたが、第2シードのライトは回復してスコットランドのチームメイトに対抗し、3度目の決勝に進みました。

平均104回、1試合あたり24 180秒のチャンピオンシップ記録を記録したライトは、スカイスポーツに次のように語っています。大変です。疲れました。。

「(戦いが)起こることはわかっていた。それを止めることはできなかった。なんてダーツゲームだ-大規模だ」

ライトは、今夜の決勝戦に向けてトラックに戻る前に、今日膝を休める予定だと語った。

今夜のライトの対戦相手であるスミスは、ウェイドを止めて決勝での2回目の出場を予約しました。

「厳しい試合だった」とスミスは語った。スミスは平均101で16180秒を撃った。

「彼が180度後に180度を打ったセットが1つありました。そしてそれは当時の私の冷静さを保つことでした。

「あなたは人生で才能のあるものではありません。私はそれに値しませんでした-私はそれのために一生懸命働きました。」

READ  ニール・レノンがセルティックにアンジ・ポステコグルーの評価を伝え、チャンピオンズリーグの惨事に直面するよう命じる