Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

フロイド・メイウェザーは、2023年のボクシングの試合でコナー・マクレガーと戦うと言う | ボクシング ニュース

フロイド・メイウェザーは、2023年にコナー・マクレガーと再び戦うと語った.

2017年にボクシング対決でMMAスターのマクレガーと戦った無敗の引退したボクサーは、今週末のショーの試合に先立って、日本の総合格闘家でYouTuberの朝倉みくるとの次の動きについて話し合っていました.

写真:
メイウェザーは10回戦TKO勝ちで初勝利。

「今週末はそこに行って楽しみたいです。それから別の展示会があります。 [in] 11月のドバイ、2023年の私とコナー・マクレガー」 毎日のメール.

「それがエキシビションになるのか、実際の戦いになるのかはわかりません。しかし、この2つについては話がありました。私はむしろエキシビションをしたいです。」

「私は本当の罰に直面するような戦いをしているわけではありません。

「だから、コナー・マクレガーのような人たちや、ユーチューバーや UFC の人たちのように激しく打たない人たち、私はこれらのタイプの人々にぶつかることを本当に気にしませんが、私が行く立場に身を置くことは何もしません.自分を傷つけるか、自分を傷つけるか。」

アクセス可能なビデオ プレーヤーには Chrome ブラウザを使用してください

フロイド・メイウェザー対コナー・マクレガーの試合が始まってから 5 年、格闘技界最大のクロスオーバーを振り返る

マクレガーは再び対決する予定

に話しかける スカイスポーツ 5月、マクレガーはアルティメット ファイティング チャンピオンシップに復帰した後、ボクシングに復帰する予定であることを認めた。

彼は、「ボクシングは格闘技に対する私の最初の愛です。最後にそこにいたときは素晴らしい時間を過ごしました。」と言いました。

「明らかに、私のカムバックはUFCの八角形になるだろう – この物語はまだ終わっていない. 実際、それは書かれたばかりであり、始まりに過ぎない.

「でも、ボクシング、これからも絶対に四角い円を飾ります」

アクセス可能なビデオ プレーヤーには Chrome ブラウザを使用してください

モナコ グランプリを楽しんでいる間、コナー マクレガーは Sky Sports に独占的に語り、怪我からの回復は順調であり、UFC でのキャリアを再開することを楽しみにしていると語った.

マクレガーは、2021年7月にダスティン・ポワリエとの三つ巴の戦いで足を骨折して以来、試合に出場していない.

彼はまた、彼とメイウェザーがリングにいる写真を彼の唯一のソーシャルメディアチャンネルに投稿し、キャプションには孤独な絵文字とハッシュタグ「無関心」が含まれていました.

READ  Artem Severiukhin:ロシアのカートドライバー、15歳、解任、表彰台でナチス式敬礼を行ったように見えた後、FIAの調査中| 世界のニュース