Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ブリンケン氏はガザでの停戦協定締結に向けイスラエルを訪問中ガザニュース

ブリンケン氏はガザでの停戦協定締結に向けイスラエルを訪問中ガザニュース

アンソニー・ブリンケン米国務長官は、ガザ戦争を止めるための休戦協定締結に向けた取り組みの一環としてイスラエルに到着した。

ハマスとイスラエルの仲介役であるエジプトとカタールで前日に会談した後、ブリンケン氏は水曜日、昨年10月以来5回目となる緊迫地域の歴訪でエルサレムに到着した。 同首相はベンヤミン・ネタニヤフ首相やアイザック・ヘルツォーク大統領らと会談し、提案された合意に対するパレスチナ団体の対応について話し合う予定だ。

ハマスは以前、いかなる合意も戦争の最終的な終結につながるものでなければならないと述べた。 イスラエルはハマスが排除されるまで戦争を永久に止めることはないと述べた。

パレスチナ運動は火曜日の声明で、救援、避難所、再建の確保、17年間続いている壊滅的な包囲の解除、そして完全な停戦の完了などの詳細を含む「包括的な停戦合意を…前向きな精神で」見直したと述べた。 「捕虜交換」のプロセス。

ハマスは水曜日、対案を提出したと発表した。 この文書には、運動が10月7日に捕らえたイスラエル人捕虜をパレスチナ人捕虜と交換すること、ガザ地区の再建を確保すること、イスラエル軍の完全撤退を確実にすること、遺体と身体の一部を交換することなどの3段階の停戦計画が含まれている。

ハマス政治局幹部のモハメド・ナザル氏はアルジャジーラに対し、対案は特に停戦に向けた明確な期限を設定しているが、当初の提案には欠けていると示唆していると述べた。

「これらの詳細のうち、どれも妥協することはできません」と彼は主張しました。 「イスラエルの殺人機械は止められなければなりません。私たちはイスラエル占領軍がガザ地区から完全に撤退することを望んでいます。私たちの対応は現実的であり、私たちの要求は合理的です。」

'必要'

ブリンケン氏は今後、イスラエルと対応について話し合う予定だ。

同米当局者は火曜日、ドーハで記者団に対し、この合意は「必要だ」と述べた。

「やるべきことはまだたくさんあります。しかし、合意は可能であり、実際に必要であると私たちは依然として信じており、合意の達成に向けて粘り強く取り組み続けます。」

ネタニヤフ首相の事務所は同日、ハマスの対応を検討中であると発表した。

同氏は、ハマスの反応はカタールの仲介者によってモサドに伝えられたと付け加えた。 イスラエル対外情報庁は声明で「その詳細は交渉に携わる当局者らによって慎重に評価されている」と述べた。

会談に近い関係者によると、当初提案されていた停戦期間は少なくとも40日間続き、その間にハマスは拘束されている残りの捕虜の中から民間人を解放する予定だという。

これに続いて、イスラエルに投獄されているパレスチナ人の釈放と引き換えに兵士と捕虜の遺体を引き渡す別の段階が続く。

ハマスの対案は45日間続く初期停戦を規定しており、敵対行為の完全停止の合意につながる。

パレスチナ人グループの3段階の捕虜交換計画では、第2段階が始まる前にイスラエル軍がガザから撤退し、完全な停戦が合意されることが求められている。

ナザル氏は、ハマスがイスラエル人が「この合意に真剣に取り組んでいる」かどうかをテストしたいためにこの条件が提示されていると示唆した。

「我々は交渉が始まることを期待している。交渉が始まったら、途中にあるあらゆる障害を取り除いて、点と点を越えて最終合意に達することができるだろう。」

「オーバーザトップ」

カタールは火曜日、イスラエル当局者の立ち会いのもと、ハマスがエジプトと米国と仲介した合意案について「概ね肯定的」だと述べた。

しかし、他の地域ではあまり楽観的ではないとアルジャジーラのロリー・チャランズ氏が占領下の東エルサレムから報告している。

「カタール人は合意が手の届くところにあると楽観的だが、もしどこか別の場所に行けば、その前向きな気持ちは少し薄れ始めると思う。」

同氏は続けて、「アメリカ国民はそれほど前向きではないようだ」と述べ、一夜にしてジョー・バイデン大統領が「ハマスの対応は『少し誇張されている』ようだ」と発言したと伝えられたことを指摘した。

ブリンケン氏の努力は水曜日にはさらに大きな挫折に直面する可能性が高いと考えられている。

「イスラエルでは、雰囲気が著しく否定的になっています。 シャランド氏はさらに、「ハマスは戦争を終わらせるべきだと主張しているが、イスラエルはそれは不可能だと主張している」と付け加えた。

「正直な分析」

ブリンケン氏は水曜日遅くにパレスチナのマフムード・アッバス大統領とも会談し、起こり得る戦後シナリオについて話し合うとみられる。

米国は、たとえハマスに支配されていなくても、パレスチナ国家の樹立は恒久的な平和を達成するために基本的に必要であると主張している。 ブリンケン氏はまた、イスラエル統合はこの地域に対する米国のビジョンの不可欠な部分であると強調した。

しかし、ネタニヤフ首相は戦後計画をまだ明らかにしていないものの、二国家解決を期待していないことを示している。

国内での激しい政治的圧力を受けて、ネタニヤフ首相はハマスが壊滅するまで軍事作戦は終わらない、と主張し続けている。 これは、合意に達するか、イスラエルの最大の支援者である米国が同盟国を手綱にしない限り、壊滅的な戦争が少なくとも数カ月間続く可能性があることを意味する。

ブリンケン氏はまた、イスラエル軍司令官ヘルジ・ハレヴィ氏との個人的な会談も手配した。 イスラエルのメディアは、この「異例の」特別会議は、紛争状況の「より正直な分析」を得る試みである可能性があると示唆している。

イスラエルのヨブ・ギャラン国防大臣は、ハマスの24大隊のうち18大隊が解体されたと主張した。 しかし戦争観察者らはこれに疑問を抱いた。

一方、イスラエル軍はラファ市とエジプト国境に向けて南下を続けており、カイロとその他の地域は警戒を強めており、安全を求めてこの地域に詰め込まれている国内避難民140万人のパレスチナ人を脅かしている。

イスラエルの公式統計に基づくアルジャジーラの集計によると、10月7日にハマスの戦闘員がイスラエル南部で1,139人を殺害し、約240人を拘束したことを受けて、イスラエルはガザへの軍事攻撃を開始した。

ガザ地区の保健当局によると、イスラエルの軍事作戦で少なくとも2万7585人の死亡が確認され、さらに数千人が瓦礫の下に埋まっているのではないかと懸念されている。

READ  フランスのエマニュエル・マクロン大統領がワールドカップの試合後、モロッコの更衣室でソフィアン・アムラバトに言ったこと