Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

マツダは、新しいロータリーエンジン、後輪駆動のスポーツカーの特許を取得しました

マツダは、新しい電動ロータリーエンジンの一連の特許画像を提出し、日本のブランドがRXバッジを備えたロータリーパワースポーツカーの血統をまもなく復活させるという噂にさらなる信憑性を追加しました。

マツダの最後のロータリーパワースポーツカーはRX-8でした。 それは2012年にショールームから引き出されました、しかし会社はそれ以来そのRX-Visionコンセプトでパワートレインの復帰をからかっています。 ファンキーなエンジンはまた、MX-30電動SUVの特定のバージョンのレンジエクステンダーとして今年後半に戻ってきます。

マツダの最新の特許図面は、新しい3ローターのワンケルエンジンを示しています。これは、この図面のエンジンには、RX-8の古いパワートレインよりも1つ多いローターがあることを意味します。 それは、同社の新しいハイブリッドシステムとともに、以前のRXの228馬力の出力よりもパワーを向上させるはずです。

これらの特許画像は、おそらく車両の重量を分散するのに役立つように設計された新しいトランスミッションギアボックスもプレビューしています。 このアプリケーションでは、エンジンの動力はトルクチューブを介してリアアクスルに取り付けられたギアボックスに伝達されます。

マツダ特許取得済みロータリー

マツダは、新しいロータリーエンジンを搭載するプラットフォームをまだ確認していません。 ただし、現在のフロントランナーは、同社の次の主要なアーキテクチャであるように見えます。これは、ブランドの新しい6気筒ハイブリッドパワートレインに適合するように設計されています。

軽量ハイブリッド技術とプラグイン48ボルトハイブリッド技術の両方がすでにプラットフォーム用に構築されています。 また、大型の3気筒エンジンを搭載するスペースは、従来の6気筒ガソリンエンジンとほぼ同じであるため、十分なスペースを確保する必要があります。

たった今 マツダRX-8スポーツカーのレビューを読んでください…

READ  ダニエル・ジェームズ:マンチェスター・ユナイテッドのウイングが永久にリーズに移籍| サッカーニュース