Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ミャンマーで米を定価より高値で販売した容疑で逮捕された数十人の中に日本人幹部も含まれる

ミャンマーで米を定価より高値で販売した容疑で逮捕された数十人の中に日本人幹部も含まれる

ミャンマーの国営メディアによると、同国の軍事政権は米を公的規制価格を大幅に上回る価格で販売した容疑で、数十人の地元実業家とともに日本人実業家を逮捕した。

バンコク – ミャンマー軍事政権は、規制公定価格を大幅に上回る価格で米を販売した容疑で、数十人の地元実業家とともに日本人実業家を逮捕したと国営メディアが月曜報じた。

報道によると、イオンオレンジ取締役の笠松洋氏が逮捕されたという。 イオン オレンジはミャンマーで複数のデパートを運営しており、日本の小売大手イオン グループの一員です。 日本のメディア報道は、笠松が同社幹部の一人であることを確認した。

ミャンマーが維持に苦労している中、コメは不可欠です… 経済 内戦が新型コロナウイルス感染症のパンデミックから回復する取り組みを妨害する中、感染症は本格化している。 軍部は2021年に選挙で選ばれたアウン・サン・スー・チー政権から権力を掌握し、その結果… 平和的な抗議活動 それが武力抵抗に発展した。

ミャンマー米連盟が定めた公式価格を31%から70%上回る価格で米を販売した容疑で逮捕されたのは、容疑者62人、倉庫102軒、スーパーマーケットとスーパーマーケット53軒、製粉所25軒、主要都市のその他7店舗であった。ミャンマー・アレン紙が月曜日に報じた。

これらの違反は、笠松事件を含む11の事件で6か月から3年の懲役刑、その他の事件では罰金と税金が科せられる可能性がある。

先月の世界銀行の報告書は、ミャンマーの人口の3分の1近くが貧困の中で暮らしており、経済規模はパンデミック前に比べて約10%縮小していると述べた。 戦闘により300万人以上が家を追われ、重大な人道危機を引き起こしている。

同時に、ミャンマーの通貨であるチャットの価値が下落し、中央銀行が設定した公式為替レートである1ドルあたり2,100チャットと、より一般的に使用されている自由市場との乖離により、多くの企業が苦境に立たされている。 1ドルあたり約4,500チャットのレート。

日本は歴史的にミャンマーと温かい関係を維持してきました。 ミャンマーの現軍事政権に対しては、劣悪な人権実績と民主主義の弱体化を理由にのけ者国家として扱い、経済的・政治的制裁を課している多くの西側諸国と比べて、同国はより柔軟な姿勢をとっている。

日本の林芳正官房長官は東京で記者団に対し、名前は出されていない日本人がヤンゴンの警察署で取り調べを受けていることを認めた。

林氏は、日本政府は大使館を通じて必要な支援を提供するとし、「日本政府は地元当局に対し、邦人をできるだけ早く解放するよう求める」と述べた。

READ  米国のインフレの主な指標は、6月以来の最高率で上昇しています