Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ミルウォーキーは、すべての閉鎖されたスペースにフェイスマスクの使用を推奨しています

ミルウォーキー保健省は、予防接種の状況に関係なく、すべての人が屋内でフェイスマスクを着用することを推奨しています。 委員長のMarinaDmitrievichと保健委員会は、火曜日に米国疾病予防管理センターの指示に従って勧告が行われたと述べ、当局はニュースリリースでミルウォーキーの可変デルタが陽性COVID-19症例の増加を引き起こしていると述べた。 「先月、負担率は「低感染」カテゴリーから「高感染」カテゴリーに移動し、CDCの更新された隠蔽勧告は、大規模または高感染の分野の人々向けである」と声明は強く述べた。声明は、「ワクチンは個人を効果的に保護しますが、ワクチン接種の状況に関係なく、家庭外の人々と一緒に屋内でマスクを着用することをすべての人に勧めています。重度の症状、入院、死亡から、予備的な証拠は、感染した完全にワクチン接種された人々がまだ他の人にウイルスを広めることができることを示しています。しかし、ワクチン接種率が向上するまで、私たちはコミュニティと最も脆弱な人々を保護するためにマスクを着用するなどの簡単な措置を講じる準備をしなければなりません。」マスキングに加えて、ミルウォーキー保健省は年齢に関係なく誰にでも強くアドバイスしました。症状があるか、COVID-19の人と接触したことがあるワクチン接種状況は、COVID-19検査が陰性になるまで検査と検疫を受けます。 一方、トム・バレット市長はWISN 12 Newsに、市は7,000人近くの市職員にワクチンを義務付けることを検討している可能性があると語った。 「予防接種は、私たちの健康部門や従業員関係部門と活発に話し合うことです」とバレット氏は述べています。 「これらの数字を見ると、間違った方向に向かっているのは気に入らないので、もっと行動を起こす可能性があります。」 「そして、この行動には、市職員に対する予防接種の義務が含まれる可能性がありますか?」 「明らかに、毎週の検査を受けて、人々が常にマスクされていることを確認することは、予防接種をする義務または要件になるでしょう」とバレットは言いました。 スタッフはワクチン接種を受けていますが、保健省はこの数字を決定しようとしています。 無料のテスト場所と時間の詳細については、milwaukee.gov / COVIDtestingをご覧ください。 WISNからコロナウイルスの電子メールアラートを購読するWISN12アプリを使用して最新ニュースアラートを取得します。Twitter| Instagram | Youtube

ミルウォーキー保健省は、予防接種の状況に関係なく、すべての人が屋内でフェイスマスクを着用することを推奨しています。

継続的な報道:ウィスコンシン州のコロナウイルス

新しいガイダンスは木曜日の午後にリリースされました。

この決定は、市長室、ミルウォーキー市公衆衛生安全委員会委員長のマリーナ・ドミトリエビッチ、および保健委員会の支援を受けて行われました。

首脳は、火曜日に疾病管理予防センターによって発行されたガイダンスに従って勧告がなされたと言いました。

プレスリリースで、当局はミルウォーキーのデルタ変数が陽性のCOVID-19症例の増加を引き起こしたと述べました。

「先月、負担率は「低感染」カテゴリーから「一次感染」カテゴリーに移動し、CDCの更新された隠蔽勧告は、大規模または高感染地域の人々向けである」と声明は述べた。

保健省は、予防接種の状況に関係なく、家の外の人と一緒に屋内にいるときはマスクを着用することを強くお勧めします。

声明は、「新たなコロナウイルスに感染するケースはまれですが、完全にワクチン接種された人には可能です」と述べています。 「ワクチンは、重度の症状、入院、死亡から個人を効果的に保護しますが、予備的な証拠は、完全にワクチン接種された人が感染した場合でも、ウイルスを他の人に感染させる可能性があることを示しています。」

「私たちは、あなたとあなたの愛する人を安全に保つために、私たちのコミュニティにステップアップして静かに保つよう呼びかけています」と、保健委員のキルステン・ジョンソンは言いました。 「陽性の場合のこの上昇に対抗する最も効果的な方法は予防接種によるものですが、予防接種率が向上するまで、私たちはコミュニティと最も脆弱な人々を保護するためにマスクを着用するなどの簡単な措置を講じる準備をしなければなりません。」

マスクに加えて、ミルウォーキー保健省は、ワクチン接種状況に関係なく、症状があるか、COVID-19の人と接触したことがある人には、COVID-19検査が陰性になるまで検査と隔離を行うよう強く勧めています。 。

一方、トム・バレット市長はWISN 12 Newsに、市は7,000人近くの市職員にワクチンを義務付けることを検討している可能性があると語った。

「予防接種は、私たちの健康部門や従業員関係部門と活発に話し合うことです」とバレット氏は述べています。 「これらの数字を見ると、間違った方向に向かっているのは気に入らないので、もっと行動を起こす可能性があります。」

「そして、この行動には、市の従業員に予防接種をする義務が含まれる可能性がありますか?」 WISN12ニュースレポーターのケントウィンスコットは尋ねた。

「明らかに、毎週の検査を受けて、人々が常にマスクされていることを確認することは、予防接種をする義務または要件になるだろう」とバレット氏は述べた。

バレット氏は、ワクチン接種を受けた市職員の数はわからないと述べたが、保健省はその数を特定しようとしている。

無料のテスト場所と時間の詳細については、次のURLをご覧ください。 milwaukee.gov/COVIDtesting

WISNコロナウイルスEメールアラートを購読する

で最新ニュースアラートを取得 WISN12。アプリ
フォローする:
フェイスブック | ツイッター | インスタグラム | Youtube

READ  17の州で見つかったイタリアの肉に関連するサルモネラの発生