Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

ユーロビジョン:スイスの優勝者ネモ、主催者を「二重基準」で批判

ユーロビジョン:スイスの優勝者ネモ、主催者を「二重基準」で批判

スイスの俳優ネモは、毎年恒例の歌謡コンテストで優勝した直後にユーロビジョン主催者を批判した。

ニモは、スウェーデンのマルメで開催された2024年のコンサートで、曲「The Code」のパフォーマンスで審査員と聴衆を魅了しました。

今年のコンテストは、イスラエルの参加によりユーロビジョン史上最も物議を醸した大会の一つとなり、競技場の外では親パレスチナのデモが発生し、オランダ人俳優のジュースト・クラインが出演予定の数時間前に失格となった。

批判されているもう1つの詳細は、ファンが非バイナリーフラッグをアリーナに持ち込むことは許可されていないと言われたという事実であり、ニモは勝利後の記者会見でこのことを批判した。

コンテスト史上初のノンバイナリー優勝者となったニモさんはこう尋ねた。 ユーロフィックス レポーターの @vDanDesign がこれを報告し、Nemo はそれを「信じられない」と呼びました。

さらに、「ユーロビジョンがノーと言ったため、自国の国旗を密輸しなければならなかったが、それでも私はそうしたのだから、一部の人もそうすることを願っている」と付け加えた。 「しかし、それは明らかに二重基準です。」

優勝者を戴冠した後、トロフィーを壊した歌手はこう続けた。「トロフィーは直せる。ユーロビジョンもたまには少し直す必要があるかもしれない」

ニモは記者会見場に集まった記者たちから大きな歓声と拍手を受けた。

彼らはまた、「彼らの経験全体は本当に強烈で、途中でただ楽しいだけではなかった」と記者団に語り、「愛や団結に関するものとは思えないことがたくさんありました。そしてそれが、私はとても悲しいですが、同時に…ここにもたくさんの愛がありました。

ニモ氏は「さらなる思いやり」と「共感」を呼び掛け、彼らの勝利は「あえて自分らしくいようとする人々、そして話を聞いてもらい、理解してもらう必要がある人々」に与えられたと語った。

ユーロビジョン優勝者のネモ、舞台裏でのドラマで主催者を批判 (TT News/AFP via Getty Emma)

独立者 EBUにコメントを求めました。

ユーロビジョンコンテストではスイスが591点で優勝し、僅差でクロアチアが547点で続いた。

ウクライナ(453点)、フランス(445点)、イスラエルが5位となり、英国から12点満点を獲得した。 この国の映画『エデン・ゴラン』は全体で375点を獲得したが、グラハム・ノートン氏が指摘したように、観客からはブーイングを浴びた。

英国からエントリーしたオリー・アレクサンダーは、曲「Dizzy」でわずか46ポイントを獲得した。

READ  ミャンマーの裁判所は、市民の抗議を支持するために日本生まれの映画監督に判決を下す