Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

リラックスしてください、これは日本の観光の未来ではありません

記事アクションの読み込み中のプレースホルダー

観光客は日本に戻ってきていますが、かつてはマリオカートを東京のメインストリートに運転していましたが、今では地元の人から離れたレストランで、マスクをして食事をしながらグループで座る必要があります。

帰国を熱望する人々にとって、金曜日に始まった護衛ツアーグループの形で観光客への扉を再開するための日本への第一歩は、多くの嘲笑に見舞われた。 ソーシャルメディアユーザーは、通勤と北朝鮮のガイド付きツアーを比較しました。

しかし、リラックスしてください。これは、人々が訪れたい場所として分類されることが多い観光の未来ではありません。 コビッド以前の観光の利点についてすでに非常に懐疑的だった国にとって、計算された再開は正しいアプローチです。

日本がパンデミックに対処することに成功したことで、政策立案者と一般市民の間で同様に注意が向けられました。当然のことながら、ニュージーランドでは、封鎖に頼ることなく、パンデミックの英雄として一人当たりの死者はほとんどいませんでした。 東京は後退し、まだ流行の時代に生きていると考える人もいるかもしれませんが、寛容な政策を持つ他の国々はコビッドを打ち負かしました。これが本当なら、高齢化した日本は大規模な犠牲を通してのみ受け入れるでしょう。

東京は、外国人観光客が、死者を低く抑えていると専門家が信じているユビキタスマスキングなどのカジュアルな社会的行動に従うのではないかと疑っている。 部外者の懐疑論の一部は、オリンピックのために人々が入国する可能性についての昨年のメディア狂乱からの二日酔いです。 ここで地元メディアの役割を見逃してはなりません。日本が国境に「引き裂く」アプローチを採用した場合、圧力は間違いなく深刻になり、長期的には観光業に悪影響を与える可能性があります。 各訪問者は、リリースされるニュースの収集につながりました。 今月初めのテストグループでの1つの感染は、全国的な見出しになりました。

実際、日本の多くの人々は、突然現れた観光との関係を再検討する機会も見ていますが、それは必ずしも完全に歓迎されたわけではありません。 東京の住民は長い間それらのマリオカートにうんざりしていて、通りは今ではそれらなしで良くなっています(パンデミック中のシングルプレイヤークラウドファンディングキャンペーンは見事にサポートを得ることができず、4人しか貢献していません)。

観光都市の京都では、寺院や通りが外国人でいっぱいになっていないことに多くの人が安心しています。 地元の新聞は最近、過去の過剰な観光に戻らないように、そして地元住民にも役立つ新しいスタイルを開発するように市に呼びかけました。

当然のことながら、ほとんどの人はガイド付きツアーに参加するほど日本に行くほど必死ではありません。 国内および国際的な経済界は金曜日に団結し、個々の観光旅行の「迅速な再開」や他のG7諸国との日本の入国手続きの導入など、政府にさらなる開放を求めた。

請願を支持する人々の中で日本最大のビジネスロビーを持ち、岸田文雄首相は綱渡りをしている。 要求は理解できるが、パンデミックについて十分に警戒していなかったため、国内観光への助成がウイルスの復活を引き起こしたという提案から決して回復しなかった前任者の菅義偉を倒した。

岸田文雄は、日本が段階的に国境をさらに緩めることをすでに示唆している。 彼は道を示さなければならない。 しかし、海外旅行者にサービスを提供する前に、日本は国民にもう少し慎重になるように説得する必要があります。ある推定によれば、東京のナイトライフ地区での活動は2019年よりも40%近く少なくなっています。 最近のブラジル代表とのサッカーの試合などのスポーツイベントのファンは、今でも静かに拍手を送り、歓声を避けるよう求められています。

岸田文雄はまず国内観光を後押しし、「Go To Travel」キャンペーンの再開はかなり遅れており、出張を根本的に促進しなければならない。 Covidの症例が安定し、高齢者は大部分が強化され、4発目がすでに始まっています。今こそ、全体的な状況を変え始める時です。

これにより、国は外国人観光客をより受け入れやすくなります。 一般的に、出身地ではなく、行く先の習慣に従うことが適切な旅行エチケットと見なされます。 これは、今のところ、注意を意味します。 国境が再開されても、日本とその驚異はまだここにあります。 マリオカートになることを期待しないでください。

ブルームバーグの意見からのより多く:

•日本のCOVID隔離期間は長すぎます:Gearoid Reidy

•別れ、中国人観光客。 私たちはお互いを恋しく思う:アダムミンター

•旅行はインフレ支出の圧力に挑戦:Sutherland&Felsted

このコラムは、必ずしも編集スタッフまたはブルームバーグLPとその所有者の意見を反映しているわけではありません。

Jeroyd Reddyは、日本をカバーするBloombergNewsの主任編集者です。 彼は以前、北アジアのニュース速報チームを率い、東京事務所の副所長を務めていました。

このようなより多くの物語はで利用可能です Bloomberg.com/opinion

READ  最新ニュースの更新:ジョー・バイデンが岸田文雄新首相と電話をかけた