Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

中国北部の時速1000kmの磁気レールテストラインで建設が開始されます

中国製高速リニアモーターカー写真:CFP

準備作業が進行中の中国北部の山西省、大同で、世界最速の地上車両(時速1,000キロメートルまでの速度の高速、低真空リニアモーターカー)のテストラインの建設がまもなく開始されます。政府は週末に言った。

最近の発展は、高速鉄道技術と製造の世界的リーダーとしての中国の急速な台頭を示しています。 先月、中国東部の山東省青島で、時速600kmの磁気浮上式鉄道が組立ラインから転がり落ちました。

テストラインは、低真空高速列車プロジェクトの実験室作業の一部です。 対地速度約800km / hで、航空機よりも速く移動できる超高速車両用の低真空管の磁気浮上の主要技術のテストプラットフォームを提供します。

プロジェクトの最初のフェーズには、2022年6月までに完了する予定の2kmの路線が含まれます。機器の設置とテストは2022年7月に開始されます。

もう1つの15キロメートルのテストラインが2年以内に建設されます。 土曜日に大同市政府のウェブサイトで公開されたプロジェクト情報によると、全体的な計画は60キロメートルの「鉄道」を必要とします。

高速低真空磁気浮上列車は、超電導磁気浮上技術を使用して地面との接触を遮断し、摩擦抵抗を排除して、1000km / hを超える速度を実現します。

「リニアモーターカーとハイパーループシステムは、新しい輸送時代のほんの一部です。車両自体、信号、駆動システム、ルーチンなど、さまざまな側面をテストするには、少なくとも50kmの道路が必要です」と鉄道輸送機関のWangDashui氏は述べています。エンジニア、グローバルタイムズに語った。

王は、これらの新しいパターンが経済的利益と環境保護の利点を提供するかどうかをさらに評価する必要があると述べました。

メディアの報道によると、米国企業のVirgin Hyperloopは、11月に500メートルの線路上で時速160kmの速度で2人の乗客を乗せてリニアモーターカーをテストしました。

アナリストは、どの国が最初に時速1,000 kmでマグネトーを操作することに成功できるかを予測するのは難しいと述べましたが、中国が人口が多く、鉄道の基盤がしっかりしている米国よりも、中国でそのようなシステムを収益性の高いものにする方が現実的です。 。。 動く。

運輸省によると、中国には世界最大の高速鉄道網があり、2020年の時点で38,000 kmをカバーするルートがあり、人口が100万人を超える都市の95%にサービスを提供しています。

研究開発において、中国は世界のリニアモーターカーの特許の43.52%を保有しており、スマートプロプライエタリデータサービスプロバイダーのBatsnapであるGlobal Timesに送信されたレポートによると、日本の20.57%をはるかに上回っています。

READ  BMWカーゴバイクとeスクーターのコンセプトであるNASAは、日本で最も強力な量子コンピューターであるジュピターミッションにSpaceXを選択しました