Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

企業は人々が名古屋を移動できるようにする新しいテクノロジーを開発しています

企業は人々が名古屋を移動できるようにする新しいテクノロジーを開発しています

読売新聞
梅床ロボットは名古屋の堀川に浮かんでいるのが目撃された。

名古屋-2025年の大阪・関西万博での使用を目指し、自動航行いかだが名古屋の堀川で実証試験を行っている。

市が社会課題解決に向けたアイデアを企業から募集し、1月20日に梅床ロボットの実証イベントが開催された。

海床ロボットは、建設会社竹中工務店との共同事業として開発されました。 いかだはGPSを利用して川を航行し、設定された経路に沿って時速約4キロで進む。

このテストイベントは、いかだの開発チームが、水位の変化などの変動条件下でいかだが自律的に航行できるかどうかを確認するためのものでした。 観光や水面清掃などでの活用が期待される。 近い将来、名古屋の中川運河にも設置されるかもしれません。

Xxade Inc と呼ばれる名古屋大学のプロジェクトも反応しました。 このビジネスアイデアに挑戦するために、彼は梅床ロボットがテストされた場所の近くの歴史的な印童地地区で、センサーを使用して近くの人や物体を検出する自走式車椅子をテストしました。 同社はユーザーからのフィードバックを収集した。

地域振興協会会長の田尾大介さん(46)が1月19日、いかだや車椅子を試乗した。

田尾氏は「最新のテクノロジーを使って商店街を歩き回り、名古屋城に向かう川沿いをうめどくロボットで移動できれば、街はより多くの人を呼び込むことができるだろう」と語った。

READ  デジタル化とよりグリーンな社会を求める日本の成長戦略草案