Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

住友商事はボーダフォンと提携してエチオピアテレコムプロジェクトに勝利

東京発-住友商事は、英国の通信会社ボーダフォングループとのコンソーシアムの一環としてエチオピアでモバイルサービスを提供し、日本企業として初めてア​​フリカ市場に参入する。

エチオピアは、国内で携帯電話サービスを提供するためのコンソーシアムライセンスを承認しました。 開発のための資金調達を専門とする英国のCDCグループも含むこのグループは、合弁会社を設立します。 住友商事は30%弱の株式を保有すると見込まれています。

基地局への設備投資を含め、費用は10年間で80億ドルに達すると予想されています。 サービスは2022年に開始される予定です。日本政府はこのイニシアチブをサポートしており、USAIDの資金も提供される可能性があります。

アフリカの電気通信インフラストラクチャには、潜在的なセキュリティリスクとして挙げられている中国の機器(Huawei TechnologiesやZTEなど)が高い割合で含まれています。 日米両国はこの傾向が続くことを懸念していたため、コンソーシアムの参加についてエチオピアに連絡しました。

国営企業のエチオピアは、エチオピアのセクターを支配していました。 政府がワイヤレスセクターを競争に開放することを決定したため、会社の部分的な民営化は2019年に始まりました。 翌年に入札が行われ、先月はウィンドウが閉じられました。

計画では参加者までのライセンスが必要であり、他の企業が入札しました。 英国と日本のコンソーシアムのみが選択されました。

エチオピア通信局は、英国と日本のコンソーシアムに全国的な電気通信ライセンスを付与しました。 (ツイッターでのエチオピア首相アビィ・アハメドのツイートによる画像)

「これは最大の外国直接投資になるだろう [foreign direct investment] これまでのエチオピアでは、エチオピアのアビィ・アハメド首相がツイートで述べた。

エチオピアはアフリカで最大の国の1つであり、人口は1億1,200万人です。 全国の携帯電話の普及率は約40%に過ぎず、ITUは成長の機会を見込んでいます。

この選択はまた、11月に達成された住友とボーダフォンの間の戦略的パートナーシップの下での最初のプロジェクトを表しています。 セルラーサービスに加えて、グループはデジタルマネー、教育、医療情報技術などの分野でオファーを開始する予定です。

中国は、北京でのより広範な一帯一路インフラストラクチャイニシアチブの一環として、独自のインターネットに基づいてデジタルシルクロードを作成しようとしています。 みずほ総合研究所によると、2006年から2020年6月にかけて中国企業が実施した海外プロジェクトのうち、4割近くがサハラ以南のアフリカで行われた。

「ファーウェイはアフリカで4Gネットワ​​ークの70%を運用しています」とみずほ総合研究所の玉井吉野氏は述べています。

Vodafone-Sumitomoコンソーシアムの選択により、NECや富士通などの日本企業の機器が使用される可能性が高くなります。

民営化からの洞察も提供できるようになります [Nippon Telegraph & Telephone]日本の政府高官は、「以前は国が完全に所有していた国の通信大手に言及している」と述べた。

READ  チップの需要により、日本のメーカーのムードは2年ぶりの高水準に上昇