Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

全国の男子トイレにサニタリータンク設置運動





2022年8月9日、兵庫県西宮市役所の市議会議事堂2階男子トイレにサニタリーボックスが設置されました。 会費の掲示は、浴室の入り口とトイレの個室のドアに貼られています。 (毎日/稲田佳代)

兵庫県西宮市 高齢化や前立腺がんの治療後遺症などを理由に排尿パッドやオムツを使う男性の意識が高まり、男子トイレに生理用生ごみボックスを設置する動きが全国に広がっている。

そんな方々が、その場で使い終わったものを処分できる環境づくりがとても重要になってきています。 この運動は、骨髄ドナープログラム評議員である大谷貴子が自発的にプログラムを設立したことによって始められました。

埼玉県和夫市出身のフリーアナウンサーで膀胱がんの生存者である大倉知樹さん(75)は、2021年6月にビデオ共有プラットフォームで「失禁パッドを投げる場所がない」と説明したときにショックを受けました. 当時、多目的トイレと病院のトイレを除いて、ほとんどの男性用トイレに衛生槽がないことを私はほとんど知りませんでした.

大谷氏はこの問題について、知り合いの記者や議員に話し、2022年1月に埼玉新聞に寄稿したコラムで、「同じような問題が起こる前に何とかしよう」と書いた。 彼の記事はネット上で話題になり、議員がこの問題を取り上げたのをきっかけに、男子トイレにゴミ捨てボックスを設置しようという動きが全国の自治体、そして民間企業にも広がった。

国立がん研究センターの調査によると、2018 年の前立腺がんの症例数は 92,021 であり、国内の男性が罹患する最も一般的な種類のがんとしてランク付けされています。 治療は尿漏れなどの副作用を引き起こす可能性があります。 健康製品メーカーのユニ・チャームの調査によると、2014 年に同社が男性用膀胱コントロール パッドの販売を開始したとき、市場は今年 6 倍に成長しました。





兵庫県西宮市で2022年8月9日に撮影されたこの写真では、サニタリーボックスのふたに、ランダムにポイ捨てをしないように警告する注意書きが貼られています。 地方自治体は、彼らの設置が地元住民や貿易業者の間で意識を高めることを望んでいます. オペレーター。 (毎日/稲田佳代)

2月に日本トイレ協会が557人の回答者を対象に行ったオンライン調査では、尿失禁を助けるために膀胱制御パッドまたはその他の製品を使用している38人の男性のうち26人が、衛生槽がないために問題を経験したと述べました. 男性用トイレ。

協会運営委員の須岡豊彦さん(67)も同じような経験をした。 「生理用品を使っていることを人に言えなかったので、生理用品が必要だと声を上げることができませんでした」と彼女は回想します。 同協会では、商業施設へのサニタリータンクの設置を促進するための啓蒙活動を行っています。

須岡さんは「使う人が少なくても男子トイレの全店に設置してほしい」と話した。

【稲田佳代】 マイニュース

READ  日本の国会議員が北京を批判 - Taipei Times