Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

全米オープンで優勝してフィリピンから日本へ

フィリピンのあまり知られていない10代の若者が、昨年の全米女子オープンで優勝して世界のゴルフスポットライトに飛び込んだとき、彼女の人生は変わりましたが、厳しい決断を迫られました。

来週、サスユカはレイドを守るという新しい体験を楽しみます。 しかし、パインニードルズでは、彼女は別の旗、日本の緋色の赤い円の下でプレーします。

フィリピンでフィリピン人の母親と日本人の父親の間に生まれたサッソは、忠誠心を父親の土地に切り替えるという「非常に難しい」決断に苦しんだ。

日本は成人が二重国籍を保持することを許可しておらず、笹祖は来月21歳になる前に苦痛を伴う選択を余儀なくされています。

「私はフィリピンで育ち、私の名前の横にフィリピンの旗を掲げて大きなイベントを行ったので、それは大きな決断でした」と彼女はAFPに語った。

「それは非常に困難でした…私はプロゴルファーです。私は自分の仕事に良い決断をする必要がありました。」

スケールは日本のパスポートによってシフトされており、パンデミック後の世界での旅行が容易になっています。

「日本のパスポートの方が強力で、ゴルフ以外のものでの作業が少なくて済むことは誰もが知っていると思います」とサッソ氏は米国からのビデオ通話で語った。

フィリピンは常にサッソウの心の中で特別な場所を保持します-彼らは2018年のアジア競技大会で国のために2つの金メダルを獲得し、昨年の東京オリンピックで再びプレーしました。

「母国、それらの大きな出来事、それらすべての思い出を代表することをとても誇りに思いました」とサッソは言いました。

「私はフィリピンが大好きなので、フィリピンを離れたと思われないように願っています。日本も大好きです。

「私はまだ私です、それはただの科学です。」

-マキロイからのアドバイス-

12か月前、サッソは未知のゴルファーとしてサンフランシスコに到着し、日本LPGAツアーで2つのイベントに勝利しました。

彼女がオリンピッククラブを去るまでに、LPGAツアーに7回目の出場を果たした後、サッソはフィリピンからの男性または女性の最初のゴルファーになり、チャンピオンシップを獲得しました。

「全米オープンで優勝できることは素晴らしく、LPGAカードを手に入れることが私の夢でした」と彼女は言いました。

「それは私の人生を変えました、そして私がゴルフコースの内外で多くを学んだので。」

この勝利により、彼女は世界の40位からトップ10にランクインし、エリートLPGAツアーで5年間の免除を受けました。

また、キャリアパスを改善するための商業的承認ももたらしました。 保険大手のAXAは、サッソが署名するのを待っていました。

「私はジャパンツアーをプレイしていて、全米オープンの前から、AXAのような大企業がコミュニケーションを取っているので、自信を持って自分をさらに前進させることができました。」

何よりも、大勝利により、サッソは翌週の全米オープンでアイドルのローリー・マキロイに会う機会が与えられました。

サッソの合理化されたスイングは、北アイルランドからの4回のメインチャンピオンのスイングと非常によく似ています。 事故ではありません。

「彼のスイングを真似ようとしたのは事実だ」と彼女は笑い、東京オリンピックで再会した後も二人は連絡を取り合っていたと明かした。

「私は彼を本当に煩わせたくない。彼がどれほど忙しいのか知っている。しかし、私が質問をするときはいつでも、彼はいつも答えてアドバイスをするだろう」とサッソは言った。

「私の夢の1つは、いつか彼と遊ぶことができるようになることです。」

-とても心強い-

ノースカロライナ州の吹きさらしの丘にあるパインニードルズは、3番目のプレーオフホールでひざをたたく鳥のおかげで太平洋岸と並んで彼女の最初のメジャー選手権で優勝したサッソに別の挑戦を提示します。

今月そこでトレーニングした後、パインニードルズを「非常にタフなコース」と見なしたサッソは、ゴルフをすることを決心したとき、9歳でさえありませんでした-そして全米オープンで優勝することを誓いました。

「私の父はゴルフを見るのが大好きでした。2010年にポーラ・クレイマーが優勝したとき、私たちは全米オープンを見ていました。」と彼女は回想します。

「そして、父に 『このカップに勝ちたい』と言った。ゴルフを始めたばかりの8歳半の時だ!」 私は笑った。

私のお父さんは、「よろしいですか? プロのアスリートになるために努力するときは、たくさんの犠牲を払う必要があるので、他のことに集中するべきだと思います。 「」

「でも、私はとても若かったので、そのすべてを理解していませんでした。それで、私は彼に「プロゴルファーになりたい」と言っただけです。」

11年後の晴れた日曜日の午後、笹夫正和は娘の初期の予言が実現するのを目撃するためにグリーンサイドにいました。

「私の母がいなかったのに、私の父がそこにいたので、それは非常に心強いものでした」とサッソは言いました。

「家族がいなければここにいなかったので、彼らの助けにとても感謝しているように感じました。」

dh / pst

READ  サマーオープンの試合が遅れているため、日本はソフトボールでオーストラリアを上回っているスポーツニュース、Firstpost