Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

全豪オープン: 混合ダブルス準決勝でのサンヤ ブバナ

IMAGE: ローハン ブバナとサニア ミルザは、全豪オープンのベスト 8 で、ラトビアとスペインのデュオ、エレナ オスタペンコとデビッド ベガ ヘルナンデスからスピンを与えられました。 画像:PTI

サニア・ミルザとローハン・ボパンナは、準々決勝で勝利した後、火曜の全豪オープン混合ダブルス準決勝に進出した.

これまで開催中のトーナメントでセットを落としていないインドのデュオは、ラトビアのエレナ・オスタペンコとスペインのデビッド・ベガ・ヘルナンデスと対戦することになっていました。

彼らは、第 3 シードのデシレイ・クラウチク – ニール・スクプスキーとテイラー・タウンゼント – ジェイミー・マレーの間の準々決勝の勝者を待っています。

これに先立ち、月曜日の夜の第 2 ラウンドで、インドのデュオはウルグアイのデュオ、日本のアリエル ベハール、二宮誠を 6-4 7-6 (11-9) で破り、準々決勝への出場権を獲得しました。

全豪オープンは、36 歳のミルザにとって最後のグランドスラム キャンペーンです。 6 度のグランドスラム チャンピオン (女子 3 人、混合 3 人) は、2 月にドバイで開催される WTA チャンピオンシップに参加した後、今シーズン後半に引退します。

インドのペアは、第 2 ラウンドの試合で好スタートを切り、最初のアーリー ブレーク オブ サービスを記録しました。

しかし、二宮ビハールが2-2で逆転。

ミルザ・ボパナが再びブレークして先制し、セットを支配して 6-4 で勝利しました。

結果は、2 番目のグループでも同様でした。 3-3 で、ミルザ ブバナはブレーク イーブンになりましたが、ウルグアイのデュオが 4-4 でそれを戻し、同点に追いつきました。

その後、インド人は神経質になり、1時間17分後に勝ち、ベスト8でラトビアのペアとスペインのオスタペンコとヘルナンデスとのミーティングを設定しました。

マシュー・エブデンのパートナーであるブバナは、男子ダブルスの第 1 ラウンドでノックアウトされましたが、ミルザと彼女のパートナーのカズカ・アンナ・ダニリナは、女子ダブルスの第 2 ラウンドで敗れました。

READ  ジャカルタでのダブルスペアの良いレースは準決勝で終わった