Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

危険な化学物質が入った容器に落ちた猫、日本で健康警告

危険な化学物質が入った容器に落ちた猫、日本で健康警告

野村ペイント/AFP/ゲッティイメージズ

広島県福山市の塗料工場で、有毒な六価クロムが入ったタンクに猫の足跡が落ちたとみられる。


東京
CNN

の都市 日本 危険な化学物質のタンクに落ちた猫が夜に消えたため厳戒態勢。

広島県福山市の当局はパトロールを強化し、住民にこの動物に近づかないよう警告していると発表したが、この動物は日曜日に塗料工場から出ていく監視映像で最後に目撃されていた。

月曜日に作業員によって発見された一連の指紋により、深さ3メートルのタンクに六価クロムが保管されていたことが判明した。六価クロムは発がん性化学物質であり、触れたり吸い込んだりすると皮膚発疹や感染症を引き起こす可能性があると当局者が発表した。

福山市議会関係者によると、近隣の捜索ではまだ猫は見つかっておらず、生きているかどうかも不明だという。

野村美樹福山工場長の小林明宏氏によると、従業員が週末から仕事に戻った際、化学薬品の容器を覆っていた蓋の一部が剥がれているのが見つかったという。

それ以来、従業員が猫を探していると彼は述べた。

小林氏は、工場従業員は通常、防護服を着用しており、従業員に健康上の問題は報告されていないと付け加えた。

六価クロム、つまりクロム-6 は、2000 年の映画で登場した発がん性化学物質としておそらく最もよく知られています。 “光ファイバ、” 主演はジュリア・ロバーツ。

このドラマは、実際の訴訟に基づいており、カリフォルニアの田舎のコミュニティで水を汚染し、住民のガンの増加と死亡率の増加を引き起こしたとして告発された公益事業会社に対する、名ばかりの活動家の戦いに焦点を当てている。

米国疾病予防管理センター(CDC)によると、この物質は「目、皮膚、呼吸器系に有害」だという。

CDCはウェブサイトで「労働者は六価クロムへの曝露により被害を受ける可能性がある」と述べている。 「曝露のレベルは、線量、期間、行われる作業によって異なります。」

専門家らは、この物質と接触した猫が長期間生存できるかどうか疑問視している。

スウェーデンのカロリンスカ研究所で化学物質のリスク評価を専門とする研究者リンダ・シェンク氏は、「たとえ毛皮がすぐに大きな火傷をしないように皮膚を守っていたとしても、猫は毛皮をなめることで腐食性の溶液を口に移して毛皮をきれいにする」と述べた。

「猫は残念ながら化学熱傷で亡くなったか、まもなく亡くなると思います。」

READ  慢性前立腺炎の症状に似た症状のある男性の生活の質の低下