Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

史上最悪の大量絶滅の原因

  • 新しい論文は、約2億5200万年前に発生した「大死」の原因を特定すると主張しています。
  • 史上最悪の大量絶滅イベントの間に、地球の生命のほとんどは死にました。
  • この研究は、シベリアの火山噴火が、地球上の生物に害を及ぼす揮発性ニッケル粒子の拡散につながったことを示しています。

恐竜は6600万年前の大量絶滅の最も有名な犠牲者です。 しかし、最悪の絶滅は2億5190万年前に発生しました。

この終わり-ペルミアン大量絶滅または大死と呼ばれる、最も深刻な絶滅イベントは、惑星の海洋種の約90パーセントと陸生種の75パーセントを一掃しました。 科学者たちは、それが現在のシベリアでの火山の噴火によって始まったと長い間疑っていましたが、彼らはまだ何種類の種が死んだかを正確に説明することができませんでした。

a 新しい紙 で掲示されます 自然のつながり シベリアトラップでの火山噴火の結果、かすんでいたニッケル粒子が空気や水に拡散し、その後の環境災害の原因となった事例を示しています。 この論文は、大量絶滅につながった一連の出来事の始まりとして、ツングスカ盆地の大量のニッケル硫化ニッケル鉱床が「大量のニッケルに富む火山ガスとエアロゾルを大気中に放出した可能性がある」と述べています。

この研究は、カナダの北極圏のスヴェルドラップ盆地のブキャナン湖セクションから収集された二畳紀後期の堆積岩に由来するニッケル同位体の分析に基づいています。 岩石サンプルで注目に値するのは、これまでに測定された中で最も軽いニッケル同位体比が含まれていることで、科学者たちはニッケルが火山からかすんでいる粒子の形で来たと結論付けました。

論文が説明しているように、ニッケルの唯一の同様の同位体値は、火山性の硫化ニッケル鉱床からのものです。 科学者たちは、そのような価値につながる可能性のあるすべてのメカニズムの中で、「最も説得力のある」説明は、彼らが大シベリアン火山地域(STLIP)からの「巨大なニッケルに富むエアロゾル」としてそこに到達したということです。

ニッケル粒子の致死効果

ニッケルが水に入ったとき、それは水中の生態系に大混乱をもたらしました。

研究の共著者、北アリゾナ大学のローラ・ワスリンケ准教授、 説明 「ニッケルは多くの生物にとって不可欠な金属ですが、ニッケルの量が増えると、メタンを生成する微生物であるメタン生成菌の生産性が著しく向上します。メタンの増加は、すべての酸素に非常に有害でした。依存する生命。これは、水中と水中の両方の微生物に影響を及ぼします。教授は、彼らのデータが、ニッケルに富むエアロゾル、海洋の変化、およびその後の大量絶滅に関連する直接的な証拠を提供すると信じています。殺害メカニズム」と述べた。 追加されました

NAU准教授ローラワシレンキ。クレジット:北アリゾナ大学。

大死についての他の理論

以前の研究では、地球の地球温暖化、有毒金属の放出、海洋酸性化など、シベリアでの火山噴火が絶滅の原因となった可能性のある他の影響が示唆されており、多くの種がすぐに死んだ可能性があります。 他の人は、水中の酸素レベルの枯渇の結果として死亡しました。

「相互接続されたライフサイクルとプロセスのこのドミノのような崩壊は、最終的に、ペルム紀-三畳紀のフロンティアで観測された壊滅的な大量絶滅の範囲につながりました。」 海洋生化学者のハナ・ゴリコワは次のように述べています。 ペルム紀末の絶滅に関する2020年の研究を行った英国のセントアンドリュース大学から。 彼女の研究はからの化石の殻を見ました 腕足動物 現在イタリアのサザンアルプスにあります。

あなたのサイトからの記事

ウェブ上の関連記事

READ  市長は、オレンジカウンティのマスクマンデートは緩和される可能性があると言います