Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

坂本花織が北京オリンピックのパンチで全国タイトルを獲得

坂本花織は土曜日に鉛フリーのそりを手渡して、2022年の北京冬季オリンピックで2度目の全国選手権とバースを確保しました。

2位の樋口新葉が4.57ポイント差木曜日のショートプログラムの後、21歳の坂本はさいたまスーパーアリーナで2018年に初めて優勝した女子シングルスのタイトルを取り戻し、シーズンベスト234.06を記録しました。

坂本はミユビナマケモノを含む三段跳びを7回行い、フリールーチンで154.83点を獲得し、樋口に12.28差で完走した。

河辺愛菜は12.13ポイントで表彰台を獲得し、三重原は206.86ポイントで4位に遅れました。 2018年平昌オリンピックで4位に終わった4度の全国チャンピオンの三原聡子は、206.51ポイントで5位に終わった。

昨年の全国チャンピオンの紀平梨花に次点の坂本は、氷から飛び降りながら喜んで手を挙げた。

平昌五輪で6位に終わった高校生の21歳の神戸は、「これ以上嬉しいことはない」と語った。 「おもりが持ち上げられました。」

ナショナルズは4日間続き、日曜日に終了し、2月の北京大会の最後の予選イベントになります。 全日本スキー連盟は、大会終了後、男子シングルスと女子シングルスの3人の選手からなるオリンピックチームを正式に発表します。

かつて日本人女性の間で最高のメダル獲得の機会と考えられていた19歳のキヒラは、右足首の疲労骨折で国民の前に撤退し、オリンピックに出場しません。

アイスダンスでは、小松原美里と小松原美里(ティム・コリト)が村元哉と高橋大輔をわずかに破り、4年連続の全国タイトルを獲得した。

夫婦は木曜日のリズムダンスから十分に離れており、フリーダンスで村本と高橋に次ぐ2位でフィニッシュしたにもかかわらず、1.86ポイントで勝ちました。

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  車いすテニススターの小田田真吾が東京パラリンピックで日本をリード