Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

場合によっては屋内でマスクを外しても大丈夫です:日本国政府





2022年5月20日、東京・千代田区の街路をマスクをした人が歩く(毎日/和田大輔)

日本政府は、コロナウイルスの感染を防ぐためにマスクを着用する必要はないことを発表しました。

後藤茂之保健相は5月20日、マスクを着用する必要がない場合を記者団に明らかにした。 彼は、政府はもはや2歳以上の未就学児にマスクの着用を要求しないだろうと付け加えた。 中央政府は、地方自治体が国民に知らせることができるように、政策変更をまもなく地方自治体に通知する予定である。

グット氏は、ジョギング、トランプ、他人のそばを歩くときなど、人が他人から2メートル離れることができ、会話が制限されている場合、ガイドラインでは屋外に隠れることを要求していないと説明しました。 政府は主に、建物、地下、公共交通機関などの屋内でマスクを着用することを推奨しています。 ただし、人々が社会的距離を保ち、会話を最小限に抑える場合は、マスクを内側からも取り外すことができます。 たとえば、保健省の関係者は、「図書館で他の人と一緒に一人で読むときは」マスクは必要ないと述べた。

後藤氏は、日本政府はマスクの着用についての考えを変えていないことを強調したが、政府は「人々にメッセージを適切に伝えることができなかった」ため、「人々がマスクを脱ぐことができる状況」を明確にしたと説明した。 「熱中症のリスクは(夏に)上昇します。必要のない場合はマスクを外すことをお勧めします」と彼は付け加えました。

(田端秀規、矢沢秀典、ライフスタイル・メディカルニュース課)

READ  NASAの革新的なヘリコプターは将来火星への可能な「道」を見ています