Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

大会開幕戦のチケット争奪戦で日本列島が燃え上がっている。

大会開幕戦のチケット争奪戦で日本列島が燃え上がっている。

3泊4日で640万ウォンでも足りない。

来月20~21日にソウルの高尺スカイドームで行われる2024年メジャーリーグベースボール(MLB)シーズン開幕戦のチケット争奪戦が日本列島で熱を帯びている。 日本のスポーツ紙、日刊スポーツは22日、地元旅行会社JTBが販売するMLB第1回ソウルシリーズのオッズが200対1であると伝えた。MLBは今シーズン開幕戦をロサンゼルス・ドジャース対サン戦で開催することを決定したと伝えた。野球のグローバル化の一環として、ディエゴ・パドレスが初めてソウルで開催された。 特にロサンゼルス・ドジャースには大谷翔平選手(写真)や山本由伸選手といった日本人選手が所属していたこともあり、日本への関心も高かった。
日刊スポーツによると、JTBは1月にMLB事務局と国際パートナーシップを締結し、試合観戦と宿泊を含む初のソウルシリーズ旅行パッケージを発売した。 3月19日に日本を出発し、ソウル市内の大型ホテルに宿泊し、20、21日に試合を観戦する3泊4日のパッケージは、2泊で72万8000円(約644万ウォン)。そして3日。 – 1試合のみ観戦のトゥデイパッケージは49万8000円(約440万ウォン)。 高価ではあるが、競争率は200対1なので、欲しいと願う日本のファンも多い。
[Reporter Kim Jihan]

READ  オラクル パークのスコアボードは、SF ジャイアンツがホストする NPB スターを示しています