Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

学生に日本での技術に関する高等教育の取得を促す

学生に日本での技術に関する高等教育の取得を促す

大学助成委員会の関係者らは土曜日、日本の学生は日本の技術分野の高等教育を受ければ、その発展において重要な役割を果たすことができると述べた。

UGCのプレスリリースによると、彼らはまた、国内の大学に対し研究に注力するよう要請したという。

バングラデシュ日本学術振興会同窓会と日本学術振興会は、ダッカ大学ムカラム・ババンにおいて「日本学術振興会フェローシッププログラムに関するガイダンスセミナー」と題したセミナーを共催しました。

このセミナーは、バングラデシュの学生に日本の高等教育や奨学金について知ってもらうために企画されました。

UGC(追加任務)学長のムハマド・アラムギル教授は主賓としてスピーチを行い、日本の学生は日本のテクノロジーの高等教育を受けた後、国の発展において重要な役割を果たすことができると述べた。

同氏は、国内の大学は研究に重点を置くべきであり、教師や学生はさまざまな社会的、経済的問題について研究を行うべきだと付け加えた。

シンポジウムには、組織委員会を招集したユルル・カビール教授が議長を務め、DU薬学部長のセティシュ・チャンドラ・バシャール教授、日本学術振興会地域事務所(バンコク)所長の大谷義雄教授が出席した。

DU 製薬技術学部教授のムハマド・イリヤス・アル・マムン氏がシンポジウムで主要論文を発表した。

JSPS は 1931 年以来研究に資金を提供しており、現在、世界中でさまざまなカテゴリーのフェローシップ プログラムを実施しています。

READ  シンプソンズの共同モデルは「ヒットアンドラン」を見たいと思っていますが、それは「複雑」だと認めています