Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

家族経営のサクラマートは本格的な日本のマーケットです

家族経営のサクラマートは本格的な日本のマーケットです

2 番街にあるこの新しい家族経営のコミュニティ重視のマーケットについて詳しくご覧ください。

石田正美さんは、2 番街にある新しい店舗「サクラマート 日本とアジアの食料品店」の入り口に誇らしげに立っています。

彼女は自分のビジネスを開くという夢を実現できてうれしいと語ります。

「私は常に社会に何らかの形で貢献できることを考えてきました」と彼女は言いました。

今、微力ながら参加させていただき、スタートラインに立てることをとてもうれしく感謝しています。」

彼女の後ろの市場には、地元の人々が車で街まで買いに行かなければならなかった日本からの商品が溢れています。

キャンプ用の簡単な食事や、お弁当用の生鮮食品も販売しています。

石田さんの娘、アラニス・マッケイさんによると、この店は3月からオープンしており、大きな進歩を遂げているという。

石田さんと夫は約6年前に日本からカナダに来て、以前はSushi Senで働いていました。

「ようやく彼らは永住権を取得したのですが、彼女は本当に自分で何かをしたいと思っていました」と母親の代わりに通訳をすることもあったマッケイさんは語った。

石田さんはアジア市場に行こうと決めた。市内にはそのようなものが実際にはなかったため、家族やおそらく他の多くの人たちは、物資を調達するためにノースバンクーバーやウィスラーまで車で行かざるを得なくなった。

本物の日本米のようなものでさえ、スコーミッシュでは簡単には入手できませんでしたが、この店には今では日本から直送した大きな袋が在庫されています。

玄米やお餅もあります。

計画では、より多くの弁当やその他の持ち帰り商品を提供するために事業を拡大する予定です。

母と娘は今のところ反応は良いと話している。

その日の午後、スカーミッシュの酋長が立ち寄ったとき、店は確かに混雑しており、地元の人たちが見に来たり、米酢などの特定の材料で料理したいと尋ねに来たりした。

「ここにいる人の多くはスノーボードやスキーをしに日本に行っています。 [they] 「日本のコンビニが本当に好きです」とマッケイさんは言いました。

「多くの人が『ああ、日本にいた頃を思い出します』と言い、とても興奮しているようです。」

食料品の価格がどこでも上昇しているため、この店はあらゆる予算に合わせて手頃な価格の商品を提供することを目指している、と石田氏は語った。

「シンプルな食事、シンプルな生活」と石田さんは言いました。

彼女が話している間、彼女の息子とその友達は話したり、顧客を手伝ったりしていた。 彼女は、これこそが彼女が望んでいた雰囲気である、つまり家族に優しく、地域を中心にしていると語った。

「郵便局みたいに、食べ物を買うのよ」と彼女は笑いながら言った。

マッケイさんは、人々が快適に過ごせる場所にしたいと付け加えた。

サクラマート日本とアジアの食料品店は、38136 Second Ave にあります。

※この記事は、言葉の壁により当初は省略されていた石田氏の引用を追加するために、初公開後に編集されたものであることにご注意ください。

「Squamish Business Beat」は、ビジネス関連のニュースをもっと見たいという地元住民の声から生まれたシリーズです。 焦点は、地元の施設の興味深い開店、閉店、または変更にあります。 このシリーズへの参加を検討するには、メールでご連絡ください [email protected]

READ  イリノイ州下院議員のラジャ・クリシュナムルシーは、下院議長ナンシー・ペロシとの台湾訪問を擁護します