Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

岸田は人権のために戦うことを誓う

岸田文雄首相は、日本が他の志を同じくする国々と協力して、人権や法の支配などの核となる価値観を損なう行動と戦うことを約束した。

岸田文雄は、木曜日に米国大統領ジョー・バイデンとともに始まった民主主義のための2日間のオンラインサミットでスピーチを行った。

首相は、自由は依然として抑制されており、人権は依然として世界の権威主義体制によって踏みにじられていると述べた。 この声明は、中国およびその他のいくつかの国への言及です。

岸田文雄は、国際社会に対し、このような行動に一声で立ち向かうために団結するよう呼びかけました。

彼はまた、1970年代と1980年代に北朝鮮に誘拐された日本人の問題を提起した。 岸田文雄氏は、これは日本の主権と国民の生命と安全に影響を与える深刻な問題であり、国際社会全体の問題である基本的人権の侵害であると述べた。

岸田文雄氏は、日本は国際社会と協力して、これらの深刻な人権問題に対する責任ある行動を積極的に促し、現実を変えると述べた。

岸田文雄氏によると、日本はアジアや世界の74カ国以上に人材、メディアの自由、選挙、司法制度の開発を支援しているという。 これが民主主義の基盤であり、日本は今後も各国の民主化への取り組みを支援していくと述べた。

岸田文雄はまた、開発途上国の人権を尊重する形で事業活動が行われているかどうかの監視を強化するために、国連開発計画やその他の組織に約1,400万ドルを提供する計画を発表しました。

READ  日本の野心的な炭素目標は官僚的なパニックを引き起こす