Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

幼児に英語を教える:日本の教育者キャンペーンを早期に開始

東京-ますますグローバル化する社会において、英語を話すスキルは、教育的および専門的な機会を開き、国際舞台でマークを付けるための鍵です。

10年近くの英語の授業を受けているにもかかわらず、日本ではその言語に堪能な人はほとんどいません。 横浜で幼稚園を経営している村田晃にとって、解決策は明らかです。幼い子供たちは小学校に入学する前に始めましょう。

「私たちの考えを表現するために、日本語だけでグローバルコミュニティに適応することはできません」と村田氏はナイキに語った。

日本の英語教育の仕方を変えたいのは彼だけではありません。 行政改革担当の河野太郎大臣は最近、「日本を押しのける」という本を出版し、その一面は英語教育の向上であると主張した。 河野氏は元外務大臣で、言語に堪能で、ワシントンのジョージタウン大学で学士号を取得しています。

「ほとんどの日本人は中学生から大学まで10年間英語を学びますが、日常会話すらできません」と村田氏は語った。 彼は、子供の頃に英語をゲームに取り入れることで、その言語を話す能力が劇的に向上すると信じています。

「デイケアや幼稚園での英語教育は、外国人インストラクターが時々来るので、しばしば外国人の経験になる可能性があります」と彼は言いました。 「それだけでは十分ではありません。外国人インストラクターがフルタイムでいることは非常に重要です。そうすれば、子供たちは毎日英語に触れることができます。」

学校運営者のカギキダミ社長の村田晃氏は、日本語だけがアイデアを交換するためのツールでなければ、日本人はグローバルコミュニティに適応できないと言います。

村田氏は、4歳以上の子供たちにネイティブスピーカーによる毎日の英語指導を提供している会社をいくつか指摘した。 「このような状況の子供たちは英語で教師と交流し始め、教師の言うことを繰り返すことは彼らの語彙と発音を改善するのに役立ちます」と彼は言いました。

「言うまでもなく、英語を学ぶことは私たちの子供たちに新しい選択肢と可能性を開きます」と村田は言いました。 記事、本、ウェブサイトが日本語に翻訳されるのを待たずにグローバルに情報にアクセスできることは、その明確な例です。

「それは彼らの視野を広げるための重要なツールです」と彼は言いました。

村田氏は、教育省が就学前の英語教育に従事していないことを批判した。 義務教育は小学校から始まり、9年間続きます。 したがって、「小学校の前に英語を教えることに関して、国や地方自治体からの支援はありません」と彼は言いました。

「外国語を上手に学び始めるので、これは問題です。」

ムラッタはまた、幼児向けの英語教育は、中学生および高校生向けの文法中心のカリキュラムとは異なる方法で設計されるべきであると強調しました。

「子供時代の教育者を信頼するのではなく、このセクターを促進するための政府レベルの推進力があることを願っています」と彼は言いました。

READ  スカの自民党のライバルは日本の選挙の年に強打​​するために戦っている