Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

提出書類によると、日本の保険会社と銀行は33億ドル相当のホンダ株を売却する意向だという。

提出書類によると、日本の保険会社と銀行は33億ドル相当のホンダ株を売却する意向だという。


木曜日の規制文書によると、東京海上、SOMPO、MS2社など日本の金融グループが関与していることが明らかになった。 アンド・ADは相互保有株式を清算するため、ホンダの株式5350億円(33億ドル)相当を売却する。

日本第1位と第3位の金融グループである三菱UFJとみずほも売却に参加する予定で、日本でコーポレートガバナンス改革の一環として株式の持ち合い清算が勢いを増している兆しだ。

ロイター通信は今週初め、保険会社の計画について報じた。

株式の持ち合い、つまり企業が相互に株式を所有することは、日本では長い間、ビジネス関係を強化する方法とみなされてきました。 しかし、ガバナンスの専門家や海外投資家は、これが経営陣を保護することで緩いガバナンスにつながると述べた。 株主様より。

金融機関計10社による株式の売出し価格は剰余金を含めて3億株となる予定で、価格は未定。 ホンダ株の木曜終値は1,791円で、売り出し額は1,791円相当となった。 約5,350億円。

MS&ADインシュアランスの子会社である三井住友海上火災保険と相生日生同和保険を含む損害保険会社4社は、金利低下に対応して数年以内に株式の持ち合いをゼロにすると発表していた。昨年の改ざんスキャンダル。

3月の有価証券報告書によると、ホンダはあいおい二生同和損保を除く政策保有保険会社上位5社に入っていた。


READ  日本は9月にGCC諸国の外相と会談する予定