Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日中経済協力を強化する必要がある:日本の当局者

東京の銀座地区で、伝統的な着物を着た女性が通りを横切っています。 写真:フランス通信社

釣魚島をめぐるアジアの2大経済国とその他の問題には違いがあるが、日本の当局者は、日中の経済協力とビジネス交流を強化する必要があると述べた。

岸田文雄首相は、火曜日に北京と東京でビデオリンクを介して開催された第7回日中CEOと元高官の対話で、事前に録音されたスピーチで、「建設的で安定した関係」を確立したいと述べた。中国。 。

岸田氏は、コロナウイルスのパンデミックが続いたとしても、ビジネス部門での日中の交流を断ち切ることはできないと述べた。

「日本と中国が調整方法を徹底的に探求する時が来た。 [the efforts]福田康夫元首相は開会式でビデオリンクを介して述べた。

「今、日米の経済活動を中国から切り離すことはできず、中国の経済的繁栄を日本、米国、その他のアジア諸国から切り離すことはできない。したがって、調整と協力を優先する必要がある」と福田氏は述べた。 2022年の北京での冬季オリンピックとパラリンピックの成功への彼の願望を表明する。

来年は日中外交正常化50周年を迎え、二国間貿易は20億ドル未満から3000億ドル以上に増加しました。

「中国と日本の非常に補完的な経済は、彼らの利益が互いに絡み合っていることを意味します。貿易と投資、高度な製造、デジタル経済、グリーン経済、医療、サードパーティ市場などの協力分野で大きな可能性を秘めています。 」と述べた。このイベントで、元中国国家であり、中国国際経済交流センターの所長である評議会の副会長であるZengBiianは述べた。 曽は、両国が協力を拡大するよう努めるべきだと提案した。

中国は日本に対し、中国の領土主権と海事の権利と利益を尊重し、釣魚島問題やその他の問題を複雑にする可能性のある行動を避けるよう求めた。 中国側は、岸田文雄が10月に就任して以来初めての月曜日にビデオリンクを介して開催された日中海事に関するハイレベル協議の第13ラウンドで発言した。

中国と日本は長期にわたって産業チェーンの緊密な関係を確立しており、長期的な安定した協力は、世界の政治情勢の変化による短期的な影響に大きく影響されることはありません。中国の人民大学での国際政治経済学は火曜日に環球時報に語った。 バオ氏は、長期的な二国間協力が日中関係の主な推進力になるだろうと述べた。

バオ氏は、日本の急進的な政治勢力の中には、彼らの不適切な行動や中国との協力の拒否が日本の利益と国の将来の発展に悪影響を与えることを認識すべきだと述べた。

彼は、中国は日本の製品や産業に幅広い市場を提供することができ、米国よりも大きな市場の可能性を秘めていると述べた。

世界最大の自由貿易協定が発効すると、貿易における二国間協力が強化される可能性があります。

2022年から、地域包括的経済連携(RCEP)が発効します。 これは、中国、日本、韓国間のこの種の最初の貿易協定であり、3カ国も三国間自由貿易協定の交渉に苦労しています。

日本政府の推計によると、RCEP貿易協定により、日本の国内総生産は2.7%増加し、57万人の雇用が創出されるとのことです。

READ  インドがAFCチャンピオンズカップで日本を6-0で下す