Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本、シンガポールは世界的なルールに基づく秩序を保護しなければならない:フォーラム

東京発-日本とシンガポールは、圧力が高まっているルールに基づく秩序を維持するために協力しなければならない、と両国のパネリストは水曜日(1月26日)のフォーラムで述べた。

しかし、彼らは、米国と中国の間の超大国の競争にどのようにアプローチするのが最善かについて意見が分かれていました。

280人以上が参加した第15回日シンガポールシンポジウムで、シンガポールのベテラン外交官トミー・コウ氏は、共和国の外交の主役はアセアンの中心性と中立性であると述べたが、日本は同盟関係を考えると間違いなく「党派的アプローチ」を採用するだろう。米国。

河野太郎前外相をはじめとする日本のパネリストの提案に応えて、ルールに基づく秩序を乱す国は「高額を支払う」必要があり、アセアンはクワッドグループと交渉することができると述べた。米国、日本、オーストラリア、インド。

中国の王毅外相がかつてクワッドを「インド太平洋NATO」と表現したことを指摘し、コー教授は次のように述べた。中立を維持したい」と語った。

河野氏はこの立場に懸念を示し、「中国がクワッドに触れないでアセアンが触れないという場合、アセアンの中心性とは何か。アセアンは独立した声を持ち、アセアンにとって良いと感じることは何でもする必要がある。誰が何を言うのか」

コ教授は、「世界に対するアセアンの価値は、その独立性と中立性である。党派になった瞬間、この重要な役割を果たすことはできなくなる。これは、日米とアセアンの根本的な違いである。 、中国に対して。」

シンガポール国際問題研究所のサイモン・テイ会長を含む他の専門家は、クワッドやオークス(オーストラリア、英国、米国が関与する三国間協定)などの枠組みの意図についてより明確にするよう求めた。

「(アセアンでの)相互依存を認めない反中国感情や、グループを周辺の役割に限定する可能性のある過剰な取り決めには注意を払っている」と彼は述べた。

水曜日のフォーラムは、林芳正外相とシンガポールのビビアン・バラクリシュナン外相からのビデオメッセージの録画で始まりました。

両大臣は、サプライチェーンの強化やデジタル環境の構築、第三国のインフラ協力など、両国が多くの共通の関心分野を共有していることに留意した。

バラクリシュナン博士はまた、自由で開かれた貿易を推進するために彼らがどのように協力できるかを指摘しました。

それでも林氏は、経済的要因が波及して「安全保障に重大な影響」を及ぼしたため、日本はシンガポールを重要なパートナーとして「普遍的価値を完全に擁護」しなければならないと述べた。

青山学院大学の菊池勉博士は、中国の環太平洋パートナーシップ包括的進歩協定(CPTPP)への参加申請を指摘し、これは交渉を通じて北京の貿易行動を「是正」する良い機会であると述べた。

ジョー・バイデン米大統領が提案したインド太平洋経済枠組みのパネリストの間でも議論があり、多くの人があいまいなままであると述べた。

READ  70代目の桜の女王、ワイキキの宮廷の王冠