Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本からのニュースのボトルは、37年の日本の後、ハワイのビーチに打ち上げられました

37年前に日本の高校生が海に残したガラス瓶が約6,000km離れたハワイ島で発見されました。

このボトルは、海流を調査するプロジェクトの一環として、1984年にシバ東部のソシ高校の自然科学クラブの生徒によってリリースされました。 日本の新聞毎日によると

1984年と1985年に東京の宮崎島の近くで合計750本のボトルが海に置かれました。

最新のものは、2002年に鹿児島県南西部の海海島で発見されました。 それから6月に、9歳のアビグラハム ボトルを手に入れました ハワイパラダイスパークの岩の多いビーチ。 内部は、日本語、英語、ポルトガル語の連絡フォームがソチビーチに掲示されていて、彼らが見つけるまで学校に連絡するように頼んだと説明しました。

9月初旬、アビは彼女と妹が寿司を食べている地図を添えてソフィー高校に連絡フォームを送りました。

林潤副首相は9月15日の会議で、「喜界島での最後の発見だと思った。37年後に別の発見が起こるとは想像もできなかった。

1985年以来、学校が発行したボトルは、沖縄、フィリピン、中国、米国西海岸を含む17か所で発見されています。

1984年に自然科学部の会員だった神田真由美さん(54)は、「高校時代の懐かしい思い出に驚きました。関係者の皆さんに感謝します」と語った。

アビもその経験を楽しんだ。 彼女はハワイトリビューンヘラルドに、「私は別のものを見つけるつもりだ」と語った。

READ  マルチプレイヤー専用の「ドラゴンクエストX」が日本でオフライン版を入手