Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本から50万ラウンドの寄付が届きました:CECC

  • Li Aichia /スタッフレポーター

エピデミックコントロールセンター(CECC)は、日本から寄贈されたCOVID-19ワクチンの5回目の出荷が昨日台湾に到着し、新たな局所感染や死亡はなく、5件の輸入症例があったと述べた。

センター長の陳時中(陳中中)厚生大臣は、アストラゼネカCOVID-19ワクチンの50万回分が正午に台湾桃園国際空港に到着したと述べた。

「日本は合計3,904,000回分のアストラゼネカCOVID-19ワクチンを私たちに寄付してくれました」と彼は言い、センターは台湾での予防接種の適用範囲を拡大するのを助けてくれた日本政府と一般市民に感謝していると付け加えました。

写真:Thu Pei-hsiung、Taipei Times

彼は、バッチは11月26日と11月30日に期限切れになる用量で構成されていると付け加えました。

金曜日に、259,781回のワクチン投与が行われ、国の初回投与率は51.49パーセントになったとチェン氏は述べた。

国際協力センターのデータによると、金曜日の時点で、12,075,243人がワクチンの初回投与を受け、2,067,218人が2回接種されています。

写真:キプロス通信社

CECCが混合ワクチンとマッチしたワクチンのより多くの組み合わせを許可するかどうかを尋ねられたとき-異なるブランドの1回目と2回目の接種で-チェンはセンターが最初の接種としてファイザー-BioNTechCOVID-19ワクチンとAstraZenecaまたはModernaCOVID-19を促進していると言いました2回目の接種としてワクチン。

彼は、ミックスアンドマッチアプローチの拡大は、ワクチンが必要な場合にのみ検討されると述べました。

CECCのスポークスパーソンであるCDC副局長のChuangJin-Hsiang(莊人祥)は、台湾での第10回ワクチン接種は、ファイザー-BioNTechワクチンの初回投与によるワクチンに焦点を当てると述べた。

40歳未満で64歳以下の一般市民のメンバーである第9優先グループの人々が適格である可能性が高いとZhuang氏は述べたが、利用可能な用量の数が確認され次第、正確な年齢制限が発表される。

昨日到着したアストラゼネカのワクチン投与量は、主に少なくとも10週間前に最初の投与を受けた人々に2回目の投与として与えられるとChuang氏は述べ、詳細は本日発表されると付け加えた。

チェン氏によると、輸入された5件の事件は、バングラデシュ、エチオピア、フィリピン、アラブ首長国連邦、米国からのものでした。

センターがCOVID-19の制限を緩和するかどうか尋ねられたチェンは、CECCがその方針について話し合っており、来週発表する予定であると述べた。

彼は、台湾北部で過去数週間に散発的な症例が報告されているが、特別な状況が発生しない限り、センターはCOVID-19に対して全国を同じレベルの警戒態勢に保つだろうと述べた。

チェン氏は、マスクを着用する義務は依然として国の疾病予防戦略の重要な部分であり、緩和されることはないと述べた。

しかし、家族自身の集まりなど、特定の機会におけるマスクのルールは徐々に緩和されるかもしれないと彼は言った。

コメントはモデレートされます。 記事に関連するコメントを保管してください。 わいせつまたはわいせつな言葉、あらゆる種類の個人的な攻撃、宣伝、ユーザーの禁止を含むメモは削除されます。 最終的な決定は、TaipeiTimesの裁量に委ねられます。

READ  シェイク・ハシナ首相が岸田文雄新首相に挨拶