Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本がリーダーを選ぶ間、北京は親中国のヘビー級の運命を楽しみにしている

高橋哲史は、2017年4月から2021年3月まで日経の中国事務所長であり、北京日記のコラムニストでした。

東京発-9月29日に予定されている日本の与党自由民主党総裁選挙は、中国を含む世界中のオブザーバーから強い関心を集めている。 しかし、投票で危機に瀕しているのは日本のプレミアシップだけではありません。 北京はまた、親中国の自民党書記長二階俊博が党内でどれほどの影響力を保持するかについて懸念している。

中国共産党の外務省当局者はしばしばこの記者にこの解釈を語った:「日経は常に約束を果たします。それは中国にとって非常に特別です。」

日経は間違いなく中国で最も信頼されている日本の政治家です。 彼は、1972年に首相として北京との外交関係を正常化した田中角栄によって最初に設立された国の通信ネットワークを継承しました。 そして、両国間で問題が発生したときはいつでも、日経が問題の解決策でした。 コロナウイルスのパンデミックの前は、彼は中国を頻繁に訪れ、習近平大統領や他の中国の指導者たちと連絡を取ることができました。

自民党外務省が2020年7月に西氏の公式訪問の中止を求める決議を発表したとき、日経の有名な叱責は依然として中国で話題になっている。

ニカイ氏は当時、「監督は誰だ?彼の主張で、決定の文言は和らげられた。

二階は今、自分の党内で野党に直面している。

首位候補の岸田文雄元政策責任者は、大統領以外の党幹部は、最長1年間、3期連続で任期を務めなければならないと述べた。 この提案は、すでに5年間書記長を務めていた二階の再任への扉を閉ざした。

菅義偉首相も、党首に立候補しないという決定を発表する前に、二階に代わる可能性について話し合った。 自民党の若手議員の多くは、二海独裁政権に不満を持っており、次期党首に関係なく、書記長を続ける可能性は低い。

米国と対立している中国は、日本との良好な関係を維持したいと考えている。 日経は自民党内の中国に対する強硬な見方を抑制した。 彼の解任は北京に打撃を与えるだろう。

東京の慶應義塾大学中国政治学教授の加茂茂具樹氏は、「中国は、日本の政治が、短期間で首相が繰り返し交代する時代に再び突入したと信じている」と述べた。

2006年から2012年の間に、日本には6人の首相がおり、それぞれ1年しか続かなかった。 日中関係は新首相ごとに再構築されなければならず、2012年に民主党の野田佳彦首相が尖閣諸島を国有化したとき、関係は前例のないレベルに急落した。

米国をかわすために日本との関係を維持したい中国は、その時代に戻りたくない。 しかし、中国の指導者たちは、日本の政治的混乱がしばらく続くことを決定し、東京に対する戦略を再評価している。

同時に、来年の秋には、10年に2回の共産党大会が予定されています。 中国が政治の季節に入ると、その注意は内政に向けられます。 中国は民主主義国の観点から、9月の新学期から小中学校で「習近平思想」を義務化するなど、危険で時代遅れの措置を講じている。

北京の外交政策は、国内政策がよりタカ派になるにつれて、必然的によりタカ派になるだろう。 新疆ウイグル自治区のウイグル人イスラム教徒に対する台湾とその人権侵害の疑いで中国に圧力をかけている米国と妥協する余地はありません。 中国はまた、ワシントンとの関係を深めている日本に対して、より厳しい姿勢をとる可能性が高い。

中国の巨大な市場は日本経済にとって重要であり、日本の経済界は日中関係の将来を懸念しています。 しかし、中国に関しては、政治と経済が分離しているという考えはもはや機能しません。

日本は隣国の中国とどのように暮らすのでしょうか。 今後の自民党選挙では、綿密な議論が必要です。

READ  エジプトのスエズ運河は、閉塞危機にもかかわらず記録的な収益を記録しています| ビジネスと経済のニュース