Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本が高度な全地球測位システム(GPS)衛星を軌道に投入

日本のH-2Aロケットが、種子島宇宙センターからQZS-R1ナビゲーション衛星を軌道に打ち上げます。 (クレジット:三菱重工業)&nbsp

東京: 日本は、10年前の航法衛星に代わる新しい航法衛星の軌道への打ち上げに成功しました。 三菱重工業は声明のなかで、QZS-1R衛星は種子島宇宙センターから月曜日の午後10時19分に打ち上げられたH-2Aロケットに搭載されて打ち上げられたと述べた。

同社は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)からH-2Aロケットを製造および運用しています。 QZS-1Rは、2010年に最初に打ち上げられたZenith1セミサテライトの代替品です。

「これは本当に素晴らしいローンチでした」と同社はローンチが成功した後のツイートで語った。 「H-IIAF44は名目上離陸した。計画通り、打ち上げ後約28分6秒で、ペイロードが打ち上げロケットから外れた」と声明は述べた。

Space.comの報告によると、QZSSの公式ウェブサイトには、星座内の4つの衛星がリストされています。QZS-1、QZS-2、QZS-3、QZS-4です。

QZSSコンステレーションは、最終的には日本の近く(または真上)のピークを通過する軌道上を飛行する合計7つの衛星で構成され、QZS-R1はそれに応じて最新のGPS衛星とほぼ同じ送信信号を共有することを目指しています。 JAXAへ。

ジャクサ氏によると、これは日本の山岳地帯と都市部に特に最適化されているという。

三菱のH-2A202ロケット発射システムは、2003年から運用されており、金星(あかつき)や火星(UAEの火星ミッション)などに衛星を送っています。

報告書によると、最新のH2-Aミサイルの発射は、日本がレーザー通信技術を搭載した高度な中継衛星を軌道に投入した2020年11月29日以来の最初の発射でした。

READ  米国のインフレ懸念によりアジア市場は下落