Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本での秘密の介入は最大の効果を達成することを目指しています

梶本哲史、木原リカ脚本の作品

東京(ロイター) – 日本の鈴木俊一財務大臣は火曜日、政府が先月円を支えるために記録的な430億ドルを費やした後、日本の通貨介入は市場への進出の効果を最大化するための秘密の操作であると述べた.

しかし、日銀の黒田東彦総裁は、円の幅広い弱気傾向が続く可能性があると指摘し、非常に低い金利を維持するという中央銀行の意図を繰り返した。

日本の当局者は、10 月に市場に介入したとき、非常に回復力を保っています。 彼らのビジネスの詳細は、四半期ごとの介入データが公開されるまで利用できません。 7 月から 9 月のデータは今月初めに予想されます。

鈴木氏は火曜日の記者会見で、「介入を行った直後に介入を発表する場合とそうでない場合がある」と語った。 「通貨の急激な変動を緩和する効果を最大化するためにこれを行っています。」

財務相は、当局が市場の動きを注意深く監視しており、「投機的な取引による過度の通貨の動き」を容認しないとの警告を繰り返した。

月曜日のデータは、日本が円を下支えするために10月に6兆3500億円(427億ドル)を通貨介入に費やしたことを示しており、投資家は円の急激な下落を緩和するための当局の介入の程度についての手がかりを熱望している.

10月21日に円が32年ぶりの安値である1ドル151.94円まで急落したことが介入を引き起こした可能性が高く、その後10月24日に別のラウンドが行われた. 9月に日本が1998年以来初めて円買い介入を行った際、当局は即座に介入を認めた。

10月21日の為替介入以降、円は心理的有意水準である1ドル=150円を下回るレンジで推移している。 火曜日の日本の通貨は、前のセッションから変わらず、1 ドル 148.70 で取引されていました。

通貨介入の別のラウンドの見通しは今のところ円の弱気を維持しているが、投資家は水曜日に終了する米国連邦準備理事会の政策会議に先立ち、さらなるボラティリティに備えている.

FRB は 4 回連続で 75 ベーシス ポイントの利上げを行うと広く予想されていますが、経済がメルトダウンに陥るのを避けるために、いつ利上げを縮小するかを議論しています。

急激な円安に対処する責任は中央銀行ではなく政府にあることを示す兆候として、黒田総裁は日銀が超低金利をいつでもすぐに引き上げる機会から除外した.

黒田総裁は国会で、「日本経済は新型コロナウイルス感染症の影響から回復の途上にある。累積的な金融政策で景気を下支えする必要がある」と述べた。

黒田総裁は、日本銀行があまりにも緩い政策を維持しようとする意図は、円安を抑えようとする政府の努力と矛盾するという一部の政治家からの批判を一蹴した。

黒田氏は「われわれの政策と政府の政策は互いに補完し合っている。 「日銀が政府と緊密に協力する必要があることは間違いありません。」

(ドル=148.6100円)

(梶本哲史による報告、Kim Coogle、Kenneth Maxwell、および Edmund Kellman による編集)

READ  AP通信のインタビュー:日本人観光客は宇宙飛行は「驚くべき」と言っています