Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のテクノロジー企業がスコットランドの養殖業者を後押しするプロジェクトを主導

日本のUhuruUnitedは、鮭の生産者であるLoch Duartやスコットランドの持続可能な養殖イノベーションセンター(SAIC)などのパートナーと協力して、農場全体のさまざまな技術からデータを収集するための新しいソフトウェアプラットフォームを開発します。

養殖セクターのデジタル変革を加速し、持続可能性、生産性、運用効率を向上させることを目的としています。

参加 私たちの毎日のニュースレターで

ニュース ノイズをカット

過去20年間で、魚の健康診断ツールや遠隔操作の水中ビークル(ROV)など、水産養殖全体でのテクノロジーの使用が大幅に増加しています。

このプロジェクトでは、生産性と効率を向上させるために、養殖で使用されるさまざまな技術からデータを収集することを検討します。

ただし、テクノロジーの大部分は単独で機能する傾向があるため、取得できるデータの価値が制限され、プロセスの監視に必要な時間が長くなります。

Aquaculture Insightsとして知られ、スコットランドの北西端にあるBadcallを拠点とする新しいプロジェクトは、複数のデータソースを組み合わせた単一のソフトウェアパッケージを作成し、提案者が既存のシステムでは提供できないと言う洞察を提供します。 このイニシアチブは、水中LED照明システムやAI対応バイオマスカメラなど、接続されたデバイスやシステムからのデータの視覚化と送信も強化します。

パートナーには、アムステルダムに上場しているSignify、ノルウェーのOptoscale AS、ロンドンを拠点とするSB Telecom Europeも含まれ、このプロジェクトは、欧州連合のHorizo​​n2020研究およびイノベーションプログラムの一部であるEuropeanInstitute for Innovation and Technology(EIT)から資金提供を受けています。 。

Uhuru Unitedのデジタルトランスフォーメーションを専門とするプロジェクトマネージャーの栗原陽介氏は、このプロジェクトでは最先端のモノのインターネット(IoT)テクノロジーを使用して、より持続可能な未来のために食料生産の効率を最大化する方法を理解すると述べました。

「スコットランドと日本は何年にもわたって非常に強い絆を築いてきました。スコットランド内の持続可能性プロジェクトに参加することは、グラスゴーで開催された最近のCOP26気候変動サミットにも非常に適しています。協力して遊ぶことができるそれはヨーロッパとより広い世界の間の架け橋として重要な役割を果たしています。」

SAICのCEOであるHeatherJonesは、次のように述べています。

「水産養殖の洞察は、技術革新と卓越性によって支えられる必要がある持続可能な成長の野心をサポートし、水産養殖に大きな可能性を秘めている可能性があります。」

デュアート湖は、サザーランド諸島とアウターヘブリディーズ諸島の農場から毎年6000トン以上の鮭を生産し、190人以上の従業員を雇用しています。 Loch Duartサーモンは、国内および世界中のホテル、レストラン、小売店に供給されています。

昨年MarineScotlandが委託した報告によると、養殖部門はスコットランド経済全体に約8億8500万ポンドを貢献し、11,700人の雇用を支えました。 また、このセクターの賃金は、鮭の生産スタッフの平均コストが43,000ポンドである他の業界よりも高いことが多いこともわかりました。

スコットランドの鮭は、栄養価の点で英国最大の輸出品です。 最新の数字は、スコットランドの鮭農家が2021年上半期に記録的な量の新鮮な魚を1億8,340万ポンド相当で欧州連合に輸出したことを示しています。

編集者からのメッセージ:この記事を読んでいただきありがとうございます。 コロナウイルスによる消費者の習慣の変化が広告主に影響を与えるため、これまで以上に皆様のご支援を賜りますようお願い申し上げます。 まだ行っていない場合は、デジタルサブスクリプションに登録して、信頼できる事実確認済みのジャーナリズムをサポートすることを検討してください:www.scotsman.com/subscriptions

READ  NASAの「アルマゲドン」スタイルの小惑星偏向ミッションが11月に開始-TechCrunch