Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本のヨットドライバー、堀賢一(83)は、太平洋をノンストップでノンストップでセーリングする年配の人になります





日本の冒険家、堀賢一は、2022年6月4日、西日本の和歌山県と徳島県を隔てる圭海峡で共同通信のヘリコプターから見られます。 (共同通信)

神戸(共同通信)-土曜日に日本の海洋冒険家の堀江謙一は、ヨットで太平洋を横断する8,500kmの単独航海を行う世界最大の人物になりました。

堀江容疑者(83)は、サンフランシスコを出航した後、午前2時39分、長さ6メートルの1トン船サントリーマーメイド3号に乗って、和歌山県と徳島県を隔てる圭運河に到着した。カリフォルニア、3月27日。

「大きな問題なく家に帰ることができてとてもうれしい」と彼は電話で言った。 「皆様からのご支援に感謝申し上げます。」

4月にハワイを通過した帆船は、船内の電力需要を満たすためにソーラーパネルを使用し、堀江は衛星電話を使用して地上のスタッフや他の人々と話をしました。

航海は、60年前に彼が港に寄港せずに一人で太平洋を横断する最初のマンヨットになったときと同様のルートをたどりましたが、その逆も同様でした。

その後、23歳の堀は、兵庫県西宮市の西海岸にパスポートなしで約90日で出航した。

旅行は彼を有名にし、それに基づいて彼はベストセラーを書きました。

船員は、1970年代初頭の単独のノンストップの世界一周航海を含め、海へと自らを推進し続けました。

2008年に、彼はハワイから運河まで約7,000キロメートルの波動力船を航海しました。

冒険家は、100歳になるまで自分自身に挑戦し続けたいと言いました。

READ  NBAでの謙虚な瞬間が日本からの歓声をもたらします