Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の三菱は脱炭素化を推進するために2030年までに175億ドルを費やす

2017年8月2日に東京に本社を置く三菱商事のロゴの写真。ロイター/キム・ギョンフン

東京(ロイター)-日本の三菱商事(8058.T)は月曜日、脱炭素化と排出削減を推進するために、再生可能エネルギーや水素などの代替エネルギーに2030年までに2兆円(175億4000万ドル)を投資すると発表した。

同社は声明のなかで、世界中にエネルギーと鉱物の資産を持つ貿易および鉱物資源会社である三菱は、2020年レベルで2030年までに温室効果ガス排出量を半減し、2050年までに正味ゼロ排出量を達成することを目指していると述べた。

この動きは、世界中の石油と石炭の生産者と消費者が、よりクリーンなエネルギーに投資し、温室効果ガスを排除する技術を開発することによって、化石燃料からの脱却を加速しているためです。

三菱の2兆円の予算のうち、約半分は再生可能エネルギー資産、特に風力発電の拡大に費やされ、残りは水素、アンモニア、液化天然ガス、電気や電池に使用される金属に費やされます。

日本企業は、移行エネルギーとして重要な役割を果たすと考えてLNGへの投資を継続しますが、LNGサプライチェーンにおける二酸化炭素排出量を削減するために炭素回収貯留(CCS)などの技術を使用する予定です。

三菱はまた、銅などの電気に使用される卑金属のシェアを増やすことを検討しています。

また、リチウムなどのバッテリーミネラルや、自動車を柔らかくして二酸化炭素排出量を削減するために使用されるアルミニウムの原料であるボーキサイトなど、グリーン経済に関連するその他の材料への投資も増えています。

彼女は、コークス鉱山にひどくさらされている三菱は、今のところ資産を保存することを計画していると付け加えた。

(ドル= 114.0500円)

(大林由香による報告)クリストファー・クッシングとジャン・ハーベイによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  日本の新大臣は、経済のために大胆な措置を講じることを誓う