Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本の主要なACSLドローンがIndianArc Venturesと提携して、インドで製造しています。 10月までに準備ができた最初のユニット

ニューデリー:日本最大のドローンメーカーであるACSLは、デリーを拠点とするArcVenturesと提携してインド市場に参入しています。
JVであるACSLIndiaは、2つのパートナーからの初期投資350万ドルで設立され、インド全土に製造ユニットを設置します。最初のユニットは10月までにコインバトールで準備が整います。
Arc Ventures、MDのArjun Aggarwalは、彼のグループもインドのドローンとドローンの港湾スペースに入る予定であるとTOIに語った。
「私たちは世界のためにインドで製造する予定です。ArcVenturesは当初、製造、保守および修理ソフトウェアの開発、およびそれらを操作するための人員トレーニングを含むUAVシステムの開発に約300ルピーを投資します。業界と政府の要件。」
彼は、Arc Venturesはすでに多くの政府と協力しており、他のいくつかの国とも交渉中であると付け加えました。
ACSLは、高効率と耐久性を目標とした安全で信頼性の高いドローンの大手開発者です。 日本を超え、主にインドで市場を拡大することを目指しています。 日本は、新興経済国におけるドローンの持続可能なサプライチェーンを確保したいと考えており、地元のエンジニアのスキルの向上と資金提供を通じて、私たちのような合弁事業を支援します。
無人航空機システム(UAS)は、インドの新興地域です。 政府は、承認が多すぎるという業界の苦情を受けて、3か月のドローンポリシーを廃止し、ドローンポートを必要とするドローンタクシーと専用のタクシーへの道を開く、根本的に自由な一連のドラフトルールを考案しました。 商品の配達のための廊下。
UAS市場は、2025年までにここだけで10億ドルの商業スペースの価値があると思われます。
ドローンの新しい規則の草案を紹介する一方で、連邦航空大臣のJyotiraditya Scindiaは、次のように述べています。「ドローンは、運用にかかるコスト、リソース、時間の削減により、世界中に次の大きな技術革命をもたらします。新しい波に乗るのは私たちの責任です。特に私たちのスタートアップの間で、その取り込みを促進します。
「インドをドローンの分野での雰囲気を醸し出すことを目的として、2025年までにインドに3〜4のセンターを設置する予定です」とAgarwal氏は述べています。

READ  日本の工場活動は2018年以来最も上昇し、経済ニュースと最も重要なニュース